ホーム > 観光・産業・ビジネス > 建築・測量・道路 > 建築物・建築確認 > 長期優良住宅 > 長期優良住宅の維持保全状況等に関する抽出調査について

ここから本文です。

更新日:2021年10月18日

長期優良住宅の維持保全状況等に関する抽出調査について

平成21年(2009年)6月に長期優良住宅の普及の促進に関する法律(平成20年法律第87号。以下「長期優良住宅法」という。)が施行されてから、10年以上が経過しました。

長期優良住宅は「長く住み続けられる住宅」として長期優良住宅法に基づく認定を受けて建てられており、定期的な点検や修繕等を行う必要があることが長期優良住宅法で定められています。

認定計画実施者による適切な維持保全、記録の作成及び保存が行われているかを確認するため、長期優良住宅法第12条に基づき長期優良住宅の維持保全に関する抽出調査を毎年実施しています。

調査概要

1.調査対象者

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づく認定計画実施者

2.調査対象となる住宅

調査年度から11年度及び6年度前の1年間に工事が完了したうちから一定数抽出された住宅

調査年度と調査対象住宅の例

調査年度

調査対象住宅
2021年度 2010年度及び2015年度に工事完了したうちから一定数抽出した住宅

※工事完了した日は、「工事完了報告書」に記載された提出日をもとに決定しています。

※報告対象者には札幌市から「報告依頼書」が郵送で届きます。

※全ての認定計画実施者に対して調査を依頼するものではありません。

3.調査内容

住宅の建築及び維持保全の状況に関する記録等の保存状況、住宅の維持保全状況

4.調査方法

札幌市から、認定計画実施者に対して報告依頼書を郵送しますので、報告書(指定の回答用紙)に記入のうえ、返送してください。また、報告書には実施した維持保全の記録(コピー)を添付して下さい。

報告書提出の流れ

札幌市から届く

札幌市へ提出(返送)

・報告依頼書

・報告書(回答用紙)

・報告書(記入した回答用紙)

・維持保全(点検・補修等)の記録(コピー)

5.関連リンク

住宅長持ちガイドhttp://yuryou.jp/index.html

※住宅を長持ちさせるために参考となる点検・手入れのポイントがまとめられています

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市都市局建築指導部道路確認担当課

電話番号:011-211-2864

ファクス番号:011-211-2823