ホーム > くらし・手続き > 冬の暮らし・除雪 > わたしたちのくらしと雪 > 札幌にはどのくらいの雪がふるの?

ここから本文です。

更新日:2021年9月3日

札幌にはどのくらいの雪がふるの?

札幌にはどのくらい雪がふるの?

札幌は1年間で5メートル近く雪がふるんだ

冬の季節風(きせつふう)の強さや雪の雲をつくっている水蒸気(すいじょうき)の量(りょう)などによって、毎年雪のふる量はちがうんだよ。
例えば(たとえば)、平成28年度(2016年度)に札幌にふった雪がとけないで積もった(つもった)とすると、その高さは5m12cmにもなるんだ。でも、令和2年度(2020年度)は3m31cmだったんだよ。札幌の降雪量(こうせつりょう)を平均(へいきん)すると4m79cmになるんだって。

ひと冬の降雪量

*札幌管区気象台の観測値。平年値は1991年から2020年の30年平均値。

180万人以上の人がいる大都市(だいとし)で、これほどたくさんの雪が降る都市(とし)は世界でもめずらしいんだ。

世界の降雪量

*札幌の降雪量は1991年~2020年の30年間の平均。他の都市は、1985年~1990年までの5年間の平均。
*人口:出典 総務省統計局「世界の統計 2020」

 

「雪はどうしてふるの?」のページへ

「雪はじゃまものなの?」のページへ

「わたしたちのくらしと雪」はじめのページへ

このページについてのお問い合わせ

札幌市建設局雪対策室計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎8階

電話番号:011-211-2682

ファクス番号:011-218-5141