ここから本文です。

更新日:2021年3月30日

事前調査

解体等工事の元請業者(又は自主施工者)は、解体等工事を行う前に、作業対象の建築物等にアスベストが含有しているかを以下のフローで調査する必要があります。

 

調査の流れ

 

調査者の資格(令和5年10月から施行)

令和5年10月以降、建築物の解体等工事の事前調査は、環境大臣が定めた資格者に行わせる必要があります。

令和5年10月の調査者の資格の義務付けより前においても、事前調査は同資格者に行わせることが望ましいとされています。

解体等工事に関わる方におかれましては、同資格の取得についてぜひご検討ください。

環境大臣が定めた資格者

1 建築物石綿含有建材調査者講習を修了した者

 ・特定建築物石綿含有建材調査者

 ・一般建築物石綿含有建材調査者

 ・一戸建て等石綿含有建材調査者(一戸建て住宅、共同住宅の住戸の内部のみ可能)

2 令和5年10月の調査者の資格義務付け適用前に、一般社団法人日本アスベスト調査診断協会に登録された者

 

建築物石綿含有建材調査者講習

建築物石綿含有建材調査者講習を開催する登録講習機関については、厚生労働省のホームページに掲載されています。

最新の情報については厚生労働省のホームページ「建築物石綿含有建材調査者講習」の登録講習機関一覧をご確認いただき、不明な点は直接お問い合せください。

なお、札幌市内で開催実績のある登録機関は以下のとおりです(令和3年3月30日現在)。 

 

ページの先頭へ戻る

 

 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部環境対策課

〒060-8611札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2882

ファクス番号:011-218-5108