ここから本文です。

更新日:2021年9月15日

営業許可施設の新規開業

手続きの流れ

  手続き案内リーフレット「食品関係の営業を始める方へ~営業許可申請の流れ(飲食業 ・ 販売業 主体編)~」(PDF:940KB)

 ※申請から許可まで飲食店で14日製造業で21日程度の審査期間がかかります。営業開始日に余裕をもってご申請ください。

1 事前相談

工事に入る前に、施設の平面図を持参し担当窓口でご相談ください。

設備構造だけでなく調理や製造の工程についても確認させていただきますので、製造業の場合はできる限り製造フローシート(様式(PDF:82KB))などの資料もお持ちください。

 

【担当・申請窓口】札幌市保健所又は各区保健センター

 ※施設の所在地(区)や業種などによって担当窓口が異なります。まずはお電話で担当窓口をご確認ください。

※飲食業・対面売りの菓子製造業を主たる業とされる場合は原則施設のある区の保健センター、その他製造業を主体とされる場合は原則保健所が窓口になります。

2 申請書類の提出

【営業許可申請】

以下の書類を窓口にご提出いただくか、インターネットから申請してください。

(手数料は、別途窓口でお支払いください。)

 

【申請に必要なもの】

1. 営業許可申請書(インターネット申請の場合、フォームに入力)

   【様式】  PDF形式(PDF:229KB)Excel形式(エクセル:93KB)

   【記入例】・【記載要領】
2. 店舗平面図(設備器具の名称・寸法がわかるもの)
3. フロア全体図(施設が集合ビル内などにある場合) 
4. 製造フローシート(製造業の場合)

   様式 PDF形式(PDF:82KB)

       Excel形式(エクセル:42KB)

5. 水質検査成績書(コピー)(水道水以外の水を使用している場合。1年以内のもの)

   【水質検査項目一覧】(PDF:208KB)

6. 食品衛生責任者又は食品衛生管理者の資格を証明するもの (コピー可)

7. 食品衛生管理者選任届(管理者設置施設の場合※)

  【様式】  PDF形式(PDF:127KB) ・ Excel形式(エクセル:46KB)

 

【インターネット申請】

 食品衛生申請等システム(厚生労働省)

 

【補足説明】

※ 食肉製品製造業など一部の製造業は「食品衛生管理者」の設置が必要です。飲食店や販売店に設置するのは食品衛生責任者であり、管理者の設置は必要ありません。

※各様式は窓口にも備え付けてあります。

3 手数料納入

窓口申請の場合は書類提出時に、インターネット申請は申請後に窓口で、現金で手数料を納入してください。(インターネットから手数料の納入はできません。)

業種別手数料はこちらのページに掲載しています。⇒ 【業種別手数料一覧】

4 施設検査日時の打合せ 許可申請後に施設検査の日時を決めます。
5 施設の確認検査

検査の際は、原則、申請者が立ち会って下さい。

施設基準に適合しない場合は許可になりません。不適合事項については改善し、再検査を受けてください

6 許可証の交付

 施設基準適合確認後、許可証を交付します。交付までは数日かかります。

 営業許可には有効期限(5年~8年:施設材質の耐久性等により査定)があります。 

 

【注意】

※「営業許可証」と「食品衛生責任者の氏名」(プレートなど)を、外来者から見やすい場所に掲示してください。

※施設に「HACCPに沿った衛生管理のための手引書」を備え付けてください。

(食品営業者は法に規定された衛生管理の基準を遵守する必要があります。原則すべての食品等取扱事業者に、「HACCPに沿った衛生管理」の実施が求められますので、手引書は厚生労働省のホームページに掲載されていますので、詳しくはこちらのページ【HACCPに沿った衛生管理の制度化】をご覧ください。)

 営業許可業種

 営業許可が必要な業種

 下表のいずれかに当てはまる営業を行う場合、該当する業種の営業許可申請をしてください。

 下表に当てはまらない場合は、手数料無料の営業届出の手続きが必要になります。
 詳しくはこちらのページをご覧ください⇒【営業届出制度の創設】

業態 業種
調理業

飲食店営業

調理機能を有する自動販売機

販売業

食肉販売業(※)・魚介類販売業(※)・魚介類せり売営業

(※)専ら容器包装に入れられた状態で仕入れ、そのままの状態で販売する営業を除く。

製造業等 集乳業・乳処理業・特別牛乳搾取処理業・食肉処理業・食品の放射線照射業・菓子製造業・アイスクリーム類製造業・乳製品製造業・清涼飲料水製造業・食肉製品製造業・水産製品製造業・氷雪製造業・液卵製造業・食用油脂製造業・みそ又はしょうゆ製造業・酒類製造業・豆腐製造業・納豆製造業・麺類製造業・そうざい製造業・複合型そうざい製造業・冷凍食品製造業・複合型冷凍食品製造業・漬物製造業・密封包装食品製造業・食品の小分け業・添加物製造業

 営業施設の基準

  営業施設は、全業種に共通の【共通基準】と、業種ごとの【業種別基準】に適合する必要があります。
  施設の基準は以下に掲載していますが、詳しくは事前相談時に担当窓口の職員にお尋ねください。

  ・参酌基準チェックリスト(エクセル:32KB)
  ・北海道食品衛生法施行条例新旧対照表(PDF:385KB)(「旧」欄は令和3年5月31日までの基準です。「新」欄をご確認ください。)

  

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所食の安全推進課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5170

ファクス番号:011-622-5177