文字サイズ
縮小
標準
拡大

色合いの変更

お探しの情報は何ですか。

  • 携帯サイト
  • 館内・病棟のご案内
  • 交通アクセス
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2017年6月22日

医療関係の方へ

Q&A

Q.病院見学はできますか?

可能です。実際にはマッチングを見据えた5年生、6年生の見学が多いですが、2年生や初期研修中の医師も見学に来ています。詳細は「病院見学の案内」のページをご覧ください。

Q.1年目から産婦人科を選択できますか?

できます。産婦人科以外の診療科も1年目から選択することができます。

Q.研修医の出身大学を教えてください。

北海道内のみならず、全国から来ています。

参考)平成25~29年度

 

出身大学

初期臨床研修医

北海道大学、札幌医科大学、旭川医科大学、弘前大学、岩手医科大学、山形大学、福島県立医科大学、福井大学、金沢医科大学、信州大学、自治医科大学、埼玉医科大学、東京女子医科大学、日本医科大学、昭和大学、聖マリアンナ医科大学、帝京大学、北里大学、獨協医科大学、藤田保健衛生大学、滋賀医科大学、奈良県立医科大学、近畿大学、宮崎大学、福岡大学

後期臨床研修医

北海道大学、札幌医科大学、旭川医科大学、弘前大学、岩手医科大学、秋田大学、新潟大学、群馬大学、金沢医科大学、信州大学、筑波大学、埼玉医科大学、東京慈恵会医科大学、杏林大学、聖マリアンナ医科大学、北里大学、富山大学、奈良県立医科大学、島根大学、宮崎大学、福岡大学、鹿児島大学

Q.研修後の進路を教えてください。

継続して後期研修医に進まれる先生、大学に戻る先生、他の研修病院での後期研修を行う先生とさまざまです。
平成27年度初期臨床研修修了者(管理型)3名のうち1名、平成28年度は10名のうち3名が、当院で引き続き後期研修を行っております。
また、平成29年度在籍している23名の後期研修医のうち、8名の方は初期臨床研修から引き続き勤務されています。

 

当院以外の転出先(例)

初期臨床研修医

北海道大学病院、札幌医科大学附属病院、市立稚内病院、帯広厚生病院、国立精神・神経医療研究センター病院、東京女子医科大学病院、南青州病院、田附興風会医学研究所北野病院、手稲渓仁会病院、留萌市立病院、市立函館病院、北海道医療センター

後期臨床研修医

北海道大学大学院、北海道大学病院、札幌社会保険病院、手稲渓仁会病院、苫小牧市立病院、北見赤十字病院、釧路労災病院、市立稚内病院、天使病院、市立釧路総合病院、山形県立中央病院、北海道がんセンター、市立小樽病院

Q.研修医室はありますか?

あります。1年目と2年目、後期研修医も同じ部屋ですので、研修中に疑問に思ったことは色々と聞くことが出来ます。また、パソコンも1人1台与えられますので、レポートの作成にも役立てることが出来ます。

Q.処遇について教えてください。

前期臨床研修医の待遇

 

1年次

2年次

報酬

350,000円/月

370,000円/月

住居支援手当

10,000円/月

10,000円/月

通勤手当

運賃等相当額

運賃等相当額

宿日直手当(科内当直)

10,000円/回

10,000円/回

宿日直手当
(救急外来当直)

日直:23,000円/回
宿直:27,000円/回

日直:25,000円/回
宿直:29,000円/回

夜間休日勤務手当

2,500円/回

2,500円/回

後期臨床研修医の待遇

 

3年次

報酬

400,000円/月

住居支援手当

10,000円/月

通勤手当

運賃等相当額

宿日直手当
(科内当直)

20,000円/回

宿日直手当
(救急外来当直)

日直:27,000円/回
宿直:31,000円/回

夜間休日勤務手当

2,500円/回

前期研修医と後期研修医3年次の方は、非常勤職員として採用となりますが、後期研修医4年次、5年次の方は、正規職員としての採用となり、当院給与規程が適用となります(地域手当、初任給調整手当、扶養手当、通勤手当、特殊勤務手当、時間外勤務手当など各種手当あり)。

Q.ローテーションはどう決まりますか?

マッチング後に希望診療科を選択していただき、当院医師と相談しながら決めていきます。その後、実際にローテーションしていく中で希望変更があれば随時、調整していきます。

Q.大学病院での研修とどう違いますか?

各診療科の垣根が低く、他診療科の医師に気軽に相談することができます。

Q.初期研修終了後、後期研修を継続することは可能ですか?

可能です。実際に初期研修修了後に後期研修医として残られる先生も多数いらっしゃいます。また、大学病院の協力型として1年間在籍された先生が大学病院での初期研修後に、後期研修医先として当院を選択されるケースもあります。