文字サイズ
縮小
標準
拡大

色合いの変更

お探しの情報は何ですか。

  • 携帯サイト
  • 館内・病棟のご案内
  • 交通アクセス
  • サイトマップ

ホーム > 医療関係の方へ > 医師臨床研修について > 臨床研修センターについて

ここから本文です。

更新日:2017年8月7日

医療関係の方へ

臨床研修センタ-について

臨床研修センターは「研修医は病院全体で育てる」という当院の理念・伝統をより一層発展させて研修医を全面的にサポートします。

初期臨床研修の目的は、「将来専攻する診療科に関わらず、基本的な診療能力を身に付けること」です。そのため、卒後2年間で、「内科系診療科6ヶ月、救急部門(麻酔科を含む)3ヶ月、地域医療1ヶ月」を必須とし、外科系診療科、小児科、産婦人科、精神科のローテーションを推奨、さらに、希望する診療科を自由に選択可能なプログラムとなっています。当院には高度な専門診療科、当院にしかない診療科がありますが、専門科ローテーションのみでは、専門診療が中心となり、common diseaseやcommon problemsに対して、初療を構築する経験を積む機会が多くはないため、臨床研修センターでは各診療科ローテーションと並行で、一年目と二年目研修医がペアとなり、さらに指導医が診療の質を確保した上で、

1. 救急車の対応

2. 診療科が判断できない患者さんの対応(外来)

3. 院内で状態が悪化した患者さんの対応(入院)

を行います。この「臨床研修センター診療」を通じ、患者さんの主訴や受診の動機から問題点を抽出し、鑑別診断を行い、重症度を判断し、専門診療科へつなぐという能力と、外来処置中あるいは入院中の病棟で生じる一般的な問題に対する能力を養い、将来どの診療科に進むとしても対応できるプライマリ・ケア診療能力を身に付けることを目指します。

このページについてのお問い合わせ

市立札幌病院 

〒060-8604 札幌市中央区北11条西13丁目1-1

電話番号:011-726-2211

ファクス番号:011-726-7912