文字サイズ
縮小
標準
拡大

色合いの変更

お探しの情報は何ですか。

  • 携帯サイト
  • 館内・病棟のご案内
  • 交通アクセス
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2015年5月27日

医療関係の方へ

救命救急センター

学生及び初期研修医の皆さんへ

救命救急センターは、札幌市および道央圏における救急医療の「最後の砦」として重篤な患者さんを日々受け入れ、総勢約16~17名(研修医を含む)の医師と70名の看護師で高度な機器も駆使しながら、患者さんの救命・社会復帰を目指して奮闘しています。
初期研修医の方々は、2~3ヶ月の必修期間で、多くの重篤な患者さんを経験し、心肺蘇生術はもとより、CV挿入、胸腔ドレーン挿入などの重要な手技も指導医の元で経験することができます。各種の手術(開腹術、開胸術、骨折の処置や手術、熱傷の処置や植皮術、穿頭術・開頭術)を経験する機会も豊富にあります。
勤務は楽ではないと思いますが、二交代制で、OFFははっきりしていますので、ご安心を。

kyukyu_2.jpg
ヘリコプターによる患者搬入

kyukyu_3.jpg
救急外来での患者の治療

kyukyu_4.jpg
ドクターカー出動が多いのも当センターの特徴

kyukyu_5.jpg
指導医のもとで種々の手技を経験可能

kyukyu_6.jpg
救命救急センターでの濃い生活の後には、君はきっと臨床医として大きく成長しているだろう!

週間スケジュール

月曜日

朝のカンファランス、回診  担当患者の評価、オーダー、処置  
搬入患者の外来処置に参加  夕方のカンファランス、回診

火曜日

同上

水曜日

同上

木曜日

同上

金曜日

同上

その他 二交代勤務なので、月に数回の夜勤(明けは休み)あり
担当患者の手術や検査、IC、看取りなどに立ち会うことあり