ここから本文です。

更新日:2017年8月8日

ドクガとは

ドクガの幼虫写真

ドクガの成虫写真

手稲区を中心とした札幌市北西部では、ドクガの発生が確認されています。

ドクガには毒針毛(どくしんもう)と呼ばれる毛が生えています。毒針毛が皮膚に刺さると、かゆみ、炎症を起こします。また、ドクガに直接にふれなくても、風で飛散した毒針毛によって皮膚炎を起こすことがあります。

ドクガが発生している地域では、5月下旬から7月上旬までは、不用意に草むらに入らない、洗濯物を外に干さないなどの注意が必要です。

※万一毒針毛がついたときは、こすらずにテープなどで取り除き、流水で洗い流してください。症状がひどいときは皮膚科に行きましょう。

ドクガの毒針毛による皮膚炎

毒針毛による皮膚炎


次のページへ

「ドクガの被害を防ぎましょう」トップへ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所生活環境課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5182

ファクス番号:011-622-7311