ホーム > くらし・手続き > 税金・保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 保険証・減額認定証等が新しくなります

ここから本文です。

更新日:2022年7月15日

保険証・減額認定証等が新しくなります

 『保険証』について

令和4年度は新しい保険証を2回(7月・9月)郵送します。

例年7月に有効期間が一年の新しい保険証を交付しておりますが、令和4年度は10月に負担割合の見直しが行われるため、7月に有効期限が令和4年9月30日の黄色の保険証を郵送し、9月に有効期限が令和5年7月31日の橙色の保険証を郵送します。負担割合の見直しに関する詳細は、広域連合ホームページ「窓口負担割合の見直しについて」をご覧ください。

なお、新しい保険証がお手元に届きましたら、お持ちの保険証を破棄し、新しい保険証をご使用ください。

 

<7月に郵送する保険証>

有効期限:令和4年9月30日、色:黄色

被保険者証(有効期限20220930)

<9月に郵送する保険証>

有効期限:令和5年7月31日、色:橙色

被保険者証(有効期限20230731)

医療機関での窓口負担(一部負担金)の割合について

医療機関での窓口負担の割合は、1割か3割(現役並み所得者)です。窓口負担の割合は、前年の所得等を基に8月から翌年7月までの判定を行います。
令和4年8月1日から令和5年7月31日までの窓口負担の割合は、令和3年中の所得等により判定します。

※令和4年10月からは「2割」が新設され、所得や収入に応じて1~3割となります。詳細は、広域連合ホームページ「窓口負担割合の見直しについて」をご覧ください。

保険証の有効期限内でも、所得や世帯構成の変更等により、窓口負担の割合が変更となる場合があります。その場合、改めて新しい保険証を郵送します。

なお、自己負担限度額(高額療養費)については、「医療費や支給されるお金について」をご覧ください。

1割負担になる方

下記の「3割負担になる方」に該当しない方。

3割負担になる方(現役並み所得者)

住民税課税所得が145万円以上(※)の被保険者の方と、その方と同じ世帯の被保険者の方(昭和20年1月2日以降生まれの被保険者と、その方と同一世帯の被保険者の方の各人の所得から基礎控除額を引いた金額の合計額が210万円以下の方は除きます。)。

ただし、下表のいずれかに該当する方は1割負担となります。基本的に申請は不要ですが、市外から転入された方など収入額の確認ができない方については、申請が必要です。その場合は、お住まいの区の区役所保険年金課から事前にご案内します。

※住民税の19歳未満の扶養控除見直しによる影響を受ける方は、住民税課税所得を調整する場合があります(申請は必要ありません)。

申請による1割負担の対象者
被保険者の数 条件

住民票上の同じ世帯に被保険者が1人のみの場合

  • 被保険者本人の収入の額が383万円未満のとき

または

  • 同じ世帯にいる70~74歳の方と被保険者本人の収入の合計が520万円未満のとき

住民票上の同じ世帯に被保険者が2人以上いる場合

  • 被保険者の収入の合計が520万円未満のとき

ページの先頭へ戻る

 『限度額適用・標準負担額減額認定証』『限度額適用認定証』について

現在お使いの限度額適用・標準負担額減額認定証及び限度額適用認定証は、有効期限が令和4年7月31日をもって切れるため、令和4年8月以降は使用できなくなります。現在、認定証をお持ちの方で、引き続き下表の負担区分に該当する方には新しい認定証を令和4年7月31日までに郵送いたします。有効期限は令和4年8月1日から令和5年7月31日です。色は水色です。古い認定証は、令和4年8月1日以降に破棄してください。

現在、認定証をお持ちではない方で下表の負担区分に該当し、交付をご希望の場合、お住まいの区の区役所保険年金課へ申請してください。保険証と認定証を医療機関等の窓口に提示することにより、同一月の同一医療機関の診療分の窓口負担が一定の額(自己負担限度額)までとなります。

なお、自己負担限度額(高額療養費)については、「医療費や支給されるお金について」をご覧ください。

限度額適用・標準負担額減額認定証の交付対象
負担区分 条件
区分II 住民票上の世帯全員が非課税である方
区分I

住民票上の世帯全員が非課税である方のうち、次のいずれかに該当する方

  • 世帯全員の所得が0円の方(公的年金収入がある場合は、公的年金収入から80万円を控除、給与所得がある場合は、給与所得から10万円を控除して計算)
  • 老齢福祉年金を受給されている方

 

限度額適用認定証の交付対象
負担区分 条件
現役II 住民税の課税所得が380万円以上690万円未満の被保険者と、その方と同一世帯にいる被保険者の方
現役I 住民税の課税所得が145万円以上380万円未満の被保険者と、その方と同一世帯にいる被保険者の方

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

後期高齢者医療制度についてのお問い合わせ先は、お住まいの区の区役所保険年金課です。

各区役所の電話番号一覧

(市外局番は「011」です)

区役所

保険証について

(保険係)

認定証について

(給付係)※

中央区役所

205-3342

205-3341

北区役所

757-2492

757-2491

東区役所

741-2532

741-2529

白石区役所

861-2493

861-2491

厚別区役所

895-2594

895-2594

豊平区役所

822-2506

822-2505

清田区役所

889-2061

889-2061

南区役所

582-4772

582-4770

西区役所

641-6974

641-6973

手稲区役所

681-2568

681-2568

※厚別・清田・手稲区の認定証についてのお問い合わせ先は「保険係」です。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保険医療部保険企画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎4階

電話番号:011-211-2952

ファクス番号:011-218-5182