ここから本文です。

更新日:2021年6月1日

不服申立制度

不服申立制度の概要

札幌市長や区役所の保健福祉部長などの処分等に不服がある場合には、審査請求をすることができます(法律に特別の定めがある場合を除きます。)。

審査請求期間

処分についての審査請求は、原則として、処分があったことを知った日の翌日から起算して3か月以内にする必要があります。

審査請求書

審査請求は、審査請求書を提出して行います。審査請求書は、処分等を統括する部署に提出するのが原則ですが、処分等を行った区役所の担当部署などに提出することもできます。

処分についての審査請求書には、次の内容を記載して提出します。

  • 審査請求人の氏名、住所
  • 処分の内容
  • 処分があったことを知った年月日
  • 審査請求の趣旨、理由
  • 教示(※)の有無とその内容
  • 審査請求の年月日

処分を通知する文書に記載された審査請求ができる期間等の説明

札幌市長に対する審査請求手続の基本的な流れ

手続の流れ図

原則として、この図の矢印に付された番号順に手続が進みます。
審査庁の裁決(審査請求に対する最終的な判断)は、審理員意見書及び札幌市行政不服審査会の答申の内容を踏まえた上で行います。

 

※1審理員

審査請求があると、審査庁(札幌市長)は、審査請求の対象となった処分等に関する手続に関与していない札幌市の職員で、審理員候補者名簿に記載されたもののうちから、審理員を指名します。審理員は、審査請求書、処分庁から提出された弁明書、審査請求人から提出された反論書の内容等を踏まえ、審査請求の対象となった処分等の適否を検討し、審理員意見書を作成します。

【審理員候補者名簿】

札幌市長に対する審査請求における審理員の候補者は、次のとおりです。

  • 総務局行政部総務課行政監察担当課長
  • 総務局行政部総務課長
  • 総務局行政部総務課不服審査担当係長
  • 総務局行政部総務課行政監察担当係長
  • 総務局行政部総務課コンプライアンス推進担当係長

※2札幌市行政不服審査会

審査庁は、審理員から審理員意見書を受け取った後、裁決の客観性・公正性を高めるため、外部の有識者で構成される札幌市行政不服審査会に諮問(意見を聴取)します。札幌市行政不服審査会が調査審議を終えたときには、答申を行います。

 

(注)教育委員会などの行政委員会に対する審査請求や、札幌市公文書管理条例、札幌市情報公開条例及び札幌市個人情報保護条例に基づく処分についての審査請求では、上の図とは異なり、審理員の指名及び札幌市行政不服審査会への諮問を行いません。

 

札幌市長に対する審査請求の標準審理期間

札幌市長に対する審査請求の標準審理期間(審査請求書の提出から裁決までに通常要する期間)は、6か月です。
この期間は、目安であり、審査請求書の補正を要する場合、口頭意見陳述を実施する場合、事件の内容が複雑で審理手続に時間を要する場合等は、審査請求書の提出から裁決までの期間が6か月を超えることがあります。

(注)この標準審理期間の対象となる審査請求には、札幌市長以外に対する審査請求や、札幌市公文書管理条例、札幌市情報公開条例及び札幌市個人情報保護条例に基づく処分についての審査請求を含みません。

 

札幌市長に対する不服申立ての処理状況(令和2年度)

1令和2年度中に取り扱った件数…48件

(内訳)令和元年度から処理を継続しているもの:11件

令和2年度中に新たに受け付けたもの:37件

21のうち令和2年度中に処理を終了したもの…33件

(内訳)認容:1件棄却:17件却下:8件取下げ:7件

31のうち翌年度以降に処理を継続するもの…15件

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局行政部総務課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎10階

電話番号:011-211-2186

ファクス番号:011-218-5171