ここから本文です。

更新日:2019年10月30日

特別奨学金

札幌市特別奨学金は、生活が困難になっている世帯の経済的自立を図ることを目的に、その世帯の生徒に対し、技能修得に必要な学費を支給するものです。

なお、本制度の技能習得資金及び支度資金には、退学など要件を欠いた場合を除き、返済の義務はありません。

令和2年度特別奨学生の募集を令和元年11月18日(月曜日)から令和元年12月16日(月曜日)までの期間で行います。詳しくは下記をご覧ください。

対象

(1)世帯の経済的自立のための技能習得を目指して、次のいずれかで学ぶ(見込みの)方であること。

ア高等学校の職業学科(工業、商業、家庭、看護、福祉、情報、農林水産)または総合学科のうち技能の習得が見込まれるもの

イ技能の習得を目的とする各種学校(高等学校相当課程)

ウ特別支援学校(高等部)のうち普通科以外の学科(これに準するものを含む)

エ技能の習得を目的とする専修学校(高等課程または中学卒業後に進む場合の一般課程)

オ高等専門学校

(2)世帯(住民票上、別の世帯で生計を一にしている方を含む)の月額収入(総支給額)が、生活保護の基準の金額の1.5倍以内にあること。

(3)生徒本人または本人を養育している方が札幌市民であること。

(4)品行方正な生徒であること。

(5)生徒が技能を習得することにより世帯の経済的自立が可能と認められること。

支給区分と支給額

特別奨学金支給額
区分 支給額
技能習得資金 支度資金
国公立 月額5,000円 10,000円
私立 月額8,000円 15,000円

支度資金は、入学時のみ対象です。

申請受付期間・場所

受付期間

令和元年11月18日(月曜日)から令和元年12月16日(月曜日)まで

受付時間

8時45分から17時15分まで(最終日は17時まで)

受付場所

お住まいの区の区役所の保健福祉部保健福祉課地域福祉係

申請方法、申請書類

申請方法

申請方法や対象となる主な学校、学科については、以下の資料を御覧ください。。

令和2年度札幌市特別奨学生募集要項(PDF:112KB)

札幌市特別奨学金の対象となる主な学校(PDF:179KB)

申請書類

申請書類は、以下よりダウンロードすることができるほか、各区役所の保健福祉部保健福祉課地域福祉係で配布しています。ダウンロードしてご使用される場合は、様式1及び様式2-2は裏面がございますので、ご注意ください。

 

様式1「特別奨学金申請書」(PDF:142KB) 世帯構成欄には、特別奨学金の支給を受けようとする生徒及び生徒と同居している方(住民票上、別世帯の方を含む)のほか、別居している方で生徒と生計を一にしている方を含めた全員を記入してください。

様式2-1「収入状況調書(給与収入・事業収入)」(PDF:109KB)

収入のある方1人につき1枚提出してください。
様式1「特別奨学金申請書」の世帯構成欄に記載した全員が記載対象となります。
給与収入を得ている方は、所定の欄に雇用主の証明を受けてください。ただし、給与明細の写しなど、収入額を確認出来る書類をもって雇用主の証明に代えることができます。

様式2-2「収入状況調書(その他の収入)」(PDF:143KB)

公的扶助や年金等の収入、受け取った養育費等の額を記入してください。
様式1「特別奨学金申請書」の世帯構成欄に記載した全員が記載対象となります。
また、記入額が確認できる書類(年金の振込通知書等)の写しを添付してください(養育費については確認書類不要)。
様式4「調査意見書」(PDF:78KB) 各学校長に記入を依頼し、学校で封入封印されたもの(区担当職員が開封しますので、提出前に開封しないでください。)
「申立書」(PDF:53KB) 生徒と住民票上の住所が同一でありながら、生計を別にしている方がいる場合に提出が必要です。
「理由書」(PDF:54KB) 過去に専修学校(高等課程)、各種学校(高等課程相当)、特別支援学校(高等部)、または高等学校を中退したことがある方や留年した方は提出が必要です。

参考

申請書等の記入例(PDF:853KB)

添付書類

(1)世帯全員の住民票

住民票は、下記請求書の使用目的欄に、特別奨学金の申請に使用する旨を記載しますと、無料で発行されます。

 

住民票等証明請求書(PDF:420KB)

(2)障害者手帳の写し等

 

障害者手帳をお持ちの方や、障害年金等を受けている方が同じ世帯(住民票上、別世帯で生計を一にしている方を含む)にいる場合、収入状況の判定の基準となる生活保護基準額に加算がつきますので、手帳の写しや年金の種類及び等級が分かる書類の写しを提出してください。

その他

(1)この奨学金は、年度ごとに申請する必要があります。

(2)生活保護を受給されている方は、生業扶助(高等学校就学費)との調整が必要となる場合がありますので、事前に担当のケースワーカーにご相談ください。

(3)「札幌市特別奨学金」と教育委員会で募集している「札幌市奨学金」はどちらか一方しか受給できませんのでご注意ください。

お問い合わせ

中央区役所 保健福祉課地域福祉係 205-3301
北区役所 保健福祉課地域福祉係 757-2470
東区役所 保健福祉課地域福祉係 741-2459
白石区役所 保健福祉課地域福祉係 861-2443
厚別区役所 保健福祉課地域福祉係 895-2465
豊平区役所 保健福祉課地域福祉係 822-2451
清田区役所 保健福祉課地域福祉係 889-2034
南区役所 保健福祉課地域福祉係 582-4734
西区役所 保健福祉課地域福祉係 641-6942
手稲区役所 保健福祉課地域福祉係 681-2478
札幌市役所子ども未来局 子育て支援課子育て家庭係 211-2988

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。