ホーム > 観光・産業・ビジネス > 企業への支援 > テレワーク導入への支援 > 令和3年度新型コロナウイルス感染症対策テレワーク導入補助金

ここから本文です。

更新日:2021年10月1日

令和3年度新型コロナウイルス感染症対策テレワーク導入補助金

札幌市では、新型コロナウイルス感染症対策及びテレワークの導入に取り組む中小企業等を支援するため、テレワークの導入補助を行っています。

制度の目的

この補助金は、在宅勤務をはじめとするテレワークの導入に取り組む市内中小企業等に対して導入に係る経費を補助することにより、新型コロナウイルス感染症の拡大防止及び多様な働き方の実現、企業のビジネス環境強化を促進することを目的に実施します。

補助対象となる取組

情報通信機器等(ICT)の活用による在宅勤務等の導入に係る取組で、新たな環境整備及び既存環境の拡充を図るもの。

事業実施期間中に、概ね月2日以上のテレワークを行うものとします。

補助対象者

以下の方が申請することができます。

  • 中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条第1項各号に掲げる会社及び個人事業主
  • 常時雇用する従業員が100人以下の法人等(中小企業基本法第2条第1項各号に掲げる会社及び個人を除く。)

※市内事業所に6か月以上雇用する従業員が2人以上いることが補助要件となります。

その他補助要件

  • 在宅勤務等の実施者は、市内事業所に勤務し、雇用保険に加入する労働者であること。
  • 事業実施期間の終了までに、在宅勤務をはじめとするテレワークに関する就業規則又は勤務規程を整備し、労働基準監督署あて届出を行うこと(従業員員が10人未満の事業者を含む)。

補助率及び補助金額

補助対象となる取組に要した経費の4分の3以内で、60万円を上限、15万円を下限として、予算の範囲内で交付します。

申請受付期間

  • 第1期:令和3年5月10日(月曜日)~令和3年8月31日(火曜日)
  • 特例枠:令和3年8月30日(月曜日)~令和3年9月30日(木曜日)
  • 第2期:令和3年10月1日(金曜日)~令和3年12月17日(金曜日)

※申請件数が受付予定数を大きく上回った場合は、期間中であっても受付を締め切ることがあります。

申請の手引き・交付要綱及び申請様式

以下からダウンロードしてください。

特例枠を申請済の方は、こちらの手引きをご確認ください。

【申請様式等】

様式1

令和3年度新型コロナウイルス感染症対策

テレワーク導入補助金 交付申請書

様式(ワード:67KB)
様式2 申請経費等内訳書

様式(エクセル:23KB)

※ファイル内に2シートあります

-

申請時提出書類チェックリスト

様式(ワード:20KB)
様式3 補助金交付申請取下書 様式(ワード:38KB)
様式6 計画変更等承認申請書 様式(ワード:35KB)
様式8

実施結果報告書

様式(ワード:79KB)
様式9 支出経費等内訳書

様式(エクセル:23KB)

※ファイル内に2シートあります

申請書提出先および問い合わせ先

札幌市テレワーク推進サポートセンター(愛称:テレサポ)TEL:011-708-3500

札幌市北区北24条西5丁目札幌サンプラザ4階

※窓口における「密」の回避のため、来所時には事前予約をお願いしています。
また、申請書類の提出は簡易書留による提出でも受け付けております。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。