ここから本文です。

更新日:2016年4月18日

自然と一緒に生きる

  • 絵・文:柴山 優花
  • あらすじ:仲良し兄弟の“そらくん”と“はなちゃん”が、生物多様性について知り、どのようにしたら自然を守れるか考えます。

※札幌市が平成26年度に開催した「第1回生物多様性さっぽろ絵本コンテスト」審査員特別賞受賞作品

※絵本を読んだ感想をぜひお聞かせください!


 

自然と一緒に生きる01

自然と一緒に生きる02

ねえねえ はなちゃん
生物多様性って知ってる?
え?それなに?そらくん?

 

自然と一緒に生きる03

動物や植物、昆虫などたくさんの生き物がつながり合い、支え合って豊かな生態系が保たれていることなんだよ

自然と一緒に生きる04

私には難しくてわからないよ

 

ページの先頭へ戻る

 

自然と一緒に生きる05

じゃあわかりやすく説明するね!

自然と一緒に生きる06

たとえば牛乳

 

ページの先頭へ戻る

 

自然と一緒に生きる07

まずミミズたちが土をこやす→
土の栄養をもらって花や草たちが育つ→
育った草を牛が食べる→
牛がお乳を出す

自然と一緒に生きる08

そしてぼくたちが牛乳を飲む

 

ページの先頭へ戻る

 

自然と一緒に生きる09

こういう風にぼくたちは生き物たちのつながりから自然の恵みをうけて生きているんだ

自然と一緒に生きる10

でも、今生き物たちが危機にさらされているんだ

 

ページの先頭へ戻る

 

自然と一緒に生きる11

北海道では、土地の開発などで生き物のすむ環境が変わったり、狩猟する人が減ったりしたことによってエゾシカの数が増えたり
(木の皮が…、木が丸ハダカになっちゃうよ!!)

自然と一緒に生きる12

ヒグマが住宅街に出没したりしているんだ
(あぶない!!)

 

ページの先頭へ戻る

 

自然と一緒に生きる13

世界では温暖化の影響で氷が溶けてホッキョクグマがすみにくくなり生息数が減っていたり
(あっ!!)

自然と一緒に生きる14

ケータイ電話に使う希少な金属を掘り出すために森林がばっさいされてゴリラの数が減ってきているんだ
(ゴリラの数が!!)
(このままじゃ絶滅しちゃうよ!)

 

ページの先頭へ戻る

 

自然と一緒に生きる15

動物の乱かく
大規模な森林ばっさい
外来種を自然に逃がす
これらも生き物たちを危機においやる人間の身勝手なおこないなんだ

自然と一緒に生きる16

たとえば野生のトキ

 

ページの先頭へ戻る

 

自然と一緒に生きる17

人間の開発によって生態系が破壊されたり、
農薬によりエサの虫やタニシがいなくなって…

自然と一緒に生きる18

トキは絶滅してしまったんだ

 

ページの先頭へ戻る

 

自然と一緒に生きる19

じゃあ今ぼくらにできることはないかな?

自然と一緒に生きる20

触れあおう!!
 自然の中で遊んだり
 生き物を観察したり
調べよう!!
 自然を大切にするアイヌ文化について調べたり
 身近な野生動物について調べたり

 

ページの先頭へ戻る

 

自然と一緒に生きる21

無駄をなくそう!!
 水を大切にしたり
 節電を心がけたり
守ろう!!
 緑をふやしたり
 ゴミのポイ捨てをやめたり

自然と一緒に生きる22

あとは北海道で作った物を食べたりするのもいいんだよ!!
地産地消ね!!

 

ページの先頭へ戻る

 

自然と一緒に生きる23

ぼくたちはたくさんの生き物たちに支えられて生きているんだね!!

自然と一緒に生きる24

これからも自然を大切に生きていこうね

 

ページの先頭へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部環境共生担当課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2879

ファクス番号:011-218-5108