ここから本文です。

更新日:2016年4月18日

北の森のいのち

  • 絵・文:角谷 海音
  • あらすじ:男の子の小鹿のクリームは、フクロウの兄弟や子リスがいて、きれいな花の咲く森にすんでいましたが、ある日、オオカミや人間がやってきて、森の様子が変わってしまいます。

※札幌市が平成26年度に開催した「第1回生物多様性さっぽろ絵本コンテスト」優秀賞受賞作品

※絵本を読んだ感想をぜひお聞かせください!


北の森のいのち01

ページの先頭へ戻る

北の森のいのち02

あるところに、一匹の男の子の子鹿がいました。名前はクリームといいました。
クリームはとても元気で、友達がたくさんいました。お父さんとお母さんのことも大好きでした。

ページの先頭へ戻る

北の森のいのち03

クリームの住む森には、フクロウの兄弟や、食いしん坊の子りすがすんでいました。きれいな花も咲いていました。
走るのが速いクリームはいつもこの森の中を走り回っていました。

ページの先頭へ戻る

北の森のいのち04

ところがある日突然、森にオオカミの群れがやってきました。「美味しそうな鹿がいるぜ!みんな食ってしまうぞ!」
「みんな早く逃げろ!」森の鹿たちはいちもくさんに逃げました。しかし・・・みんなオオカミに食べられてしまいました。

ページの先頭へ戻る

北の森のいのち05

クリームは逃げ足が速く、助かりました。でもクリームはとても寂しいのでした。
大好きなお父さん、お母さん、友達も、みんなオオカミに食べられてしまったからです。
悲しい日々が続いているうちに、クリームの角はすこしずつ伸びていきました。

ページの先頭へ戻る

北の森のいのち06

クリームが森を歩いていると、「バーン」という大きな音が遠くから聞こえてきました。
近づいてみると、人間です!人間は、大きな銃を持っているようです。その先には・・・オオカミだ!
人間は、「オオカミは危険な動物だから、銃でやっつけよう」と思ったようです。
それからオオカミはどんどんいなくなっていきました。

ページの先頭へ戻る

北の森のいのち07

長い、長い年月が経ちました。
クリームはすっかり大人になって、結婚し、家族ができました。

ページの先頭へ戻る

北の森のいのち08

クリームの子供が子供を産み、その子供が子供を産み、そのまた子供が子供を産む。
仲間はどんどん増えました。今は森にオオカミがいないので、鹿は増える一方です。

ページの先頭へ戻る

北の森のいのち09

増えすぎた鹿に木の皮を食べられて、木が枯れちゃう。育った野菜も食べられちゃう・・・

ページの先頭へ戻る

北の森のいのち10

やがて、クリームはおじいさんになりました。
おじいさんになるまで、森でのいろいろな出来事を見てきたクリームは
「人も森も動物も、みんな仲良く暮らせる日がくるといいな。」いつまでもそう願うのでした。

ページの先頭へ戻る

 北の森のいのち11

ページの先頭へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部環境共生担当課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2879

ファクス番号:011-218-5108