ここから本文です。

更新日:2016年4月18日

まいごのくま

  • 絵・文:村瀬 修
  • あらすじ:森の中で母ぐまとはぐれてしまった子ぐまは、母ぐまを探している途中に出会った、子ざるやふくろうなど、困っている動物たちを助けていきます。夜になり、母ぐまに会えない子ぐまのところに助けた動物たちが集まってきます。

※札幌市が平成26年度に開催した「第1回生物多様性さっぽろ絵本コンテスト」優秀賞受賞作品

※絵本を読んだ感想をぜひお聞かせください!


まいごのくま01

ページの先頭へ戻る

まいごのくま02

森のなかで、子ぐまが母ぐまと、はぐれてしまいました。

ページの先頭へ戻る

まいごのくま03

母ぐまをさがしていると、さるの親子がいました。子ざるが岩のすきまに落ちて、うごけなくなっていたのです。

ページの先頭へ戻る

まいごのくま04

子ぐまはウーンウーンと力をだして岩をうごかし、子ざるをたすけました。

ページの先頭へ戻る

まいごのくま05

子ざるをたすけた子ぐまは「ぼくのお母さんみなかった」と聞くと「ここにはこなかったよ」といいました。

ページの先頭へ戻る

まいごのくま06

森のなかをさがしていると、ふくろうのひながすからおちて、こまっていました。

ページの先頭へ戻る

まいごのくま07

子ぐまは、ひなをだいてスルスルと木にのぼりひなを助けました、けれど母ぐまのことはしりませんでした。

ページの先頭へ戻る

まいごのくま08

母ぐまをさがしているとピーピーと、ふしぎな音がきこえました。
子じかの足が木のみきに、はさまってないていたのです。

ページの先頭へ戻る

まいごのくま09

子ぐまは、木にはさまっていた子じかの足を、はずしてあげました。

ページの先頭へ戻る

まいごのくま10

助けた子じかにも、母ぐまのことをきいてみましたが子じかも、しらないといったのです。
子ぐまは、かなしくなりました。

ページの先頭へ戻る

まいごのくま11

とうとう夜になり、子ぐまは岩のくぼみでないていました。

ページの先頭へ戻る

まいごのくま12

すると、たすけたさるや子じかが子ぐまのそばに、あつまってきたのです。

ページの先頭へ戻る

まいごのくま13

朝になって母ぐまがやってきました。みんながさがしてくれたのでした。

ページの先頭へ戻る

まいごのくま14

ページの先頭へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部環境共生担当課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2879

ファクス番号:011-218-5108