ここから本文です。

更新日:2016年4月18日

もりあおがえるのおひっこし

  • 絵・文:和田 雄次
  • あらすじ:もりあおがえるのベルとチコが育てた卵は、巣の中でオタマジャクシになり、池の水に入るとやがてカエルになります。しかし、人間が宅地開発のため、池を埋め立てることに。慌てるベルとチコを心配した周りの動物たちは、森のシロジーに相談します。

※札幌市が平成26年度に開催した「第1回生物多様性さっぽろ絵本コンテスト」優秀賞受賞作品

※絵本を読んだ感想をぜひお聞かせください!


もりあおがえる01

ページの先頭へ戻る

もりあおがえる02

「フー。やっとできたね」
もりあおがえるのベルとチコはきにぶらさがっているすをみながらうれしそうです。
たまごからかえったオタマジャクシは、いけにおちて、カエルになるのです。

ページの先頭へ戻る

もりあおがえる03

でも、ときどきおなかをすかしたへびのヤマカガシやイタチが、ベルやチコをたべようとおそってくるので、きをつけなくてはいけません。

あるひ、へびのヤマカガシがベルとチコにおそいかかってきました。
「あぶない!」
「たすけてー!!」
ベルとチコは、ひっしににげます。

ページの先頭へ戻る

もりあおがえる04

そらからみていたトビのショータが、ものすごいいきおいでとびおりてきました。
「こらー!!」
ショータは、ヤマカガシのくびをつかみ、とおくへとばしました。
「あー、たすかった。しぬかとおもった。ショータ、ありがとう」
ベルとチコはほっとしました。

ページの先頭へ戻る

もりあおがえる05

でも、もっとこまったことがおこりました。
にんげんが、いえをたてるため、いけをうめたてることになったのです。
あるひ、ブルドーザーがやってきていけをうめたてはじめました。
いけがなくなると、オタマジャクシはカエルになることができません。
「うー!こどもたちがしんじゃうよ」
ベルとチコは、ただみているしかありません。

ページの先頭へ戻る

もりあおがえる06

すずめのチュンスケたちが、しんぱいして、やってきました。
「これはたいへんだ。なんとかしないと」
「トビのショータが、たすけてくれるよ」
すずめたちは、おおいそぎでショータのところへとんでいきました。

ページの先頭へ戻る

もりあおがえる07

「みずのあるところへひっこすのが、いちばんよいほうほうだね」
すずめたちのはなしをきいたショータは、そうおもいました。
「もりのシロジーにそうだんしよう」
そういうと、いそいでとんでいきました。

ページの先頭へ戻る

もりあおがえる08

「シロジーのもりに、もりあおがえるのベルとチコとたまごをつれてきたいんだけど・・・」
ショータは、ふくろうのシロジーにたのみます。
「よし、しんぱいするな。ここへつれてきなさい」
シロジーはこころよくひきうけてくれました。
「ありがとう!シロジー」
れいをいうと、ショータは、おおいそぎで、ベルとチコのところへとんでいきました。
もう、たまごがオタマジャクシになるかもしれません。

ページの先頭へ戻る

もりあおがえる09

「これからひっこしだ。しっかりつかまってろよ」
ショータは、きのえだをおって、くちばしでくわえると、とびたちました。
「ワー!そらをとんでる!こわいけどおもしろいな~」
ベルとチコのはじめてのそらのたびです。

ページの先頭へ戻る

もりあおがえる10

「さあ、ついたよ」
「おー、よくきた」とシロジーもうれしそうです。
とおくはなれたシロジーのもりは、しぜんがいっぱいです。
「これで、こどもたちもぶじです。よかった、よかった。ありがとう」
ベルとチコは、ひとあんしんです。
やがて・・・
たまごからかえったオタマジャクシは、つぎからつぎへといけにおちて、およぎはじめました。

ページの先頭へ戻る

もりあおがえる11

「ショータ、シロジー、すずめたち、たすけてくれて、ほんとうにありがとう」
ショータは、もうそらのうえです。
オタマジャクシは、げんきにおよぎまわっています。
「しぜんを、たいせつにしなくては・・・」
シロジーは、ぽつりとつぶやきました。

ページの先頭へ戻る

もりあおがえる12

ページの先頭へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部環境共生担当課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2879

ファクス番号:011-218-5108