ここから本文です。

更新日:2022年4月28日

サイエンス・コンソーシアム札幌の活動

「サイエンス・コンソーシアム札幌」は、2010年に発足した、市民でつくる「札幌科学談話会」と札幌市中央図書館、札幌市博物館活動センターの三者から構成するコンソーシアムです。三者がそれぞれの持ち味・施設の特徴を活かし、科学の最新の話題をお伝えします。

これまで年に数回程度、「ホットな話題をやさしく・深く・おもしろく」をモットーに、「サイエンス・フォーラムinさっぽろ」を企画・運営しています。参加される皆さんも気軽に質問できるような雰囲気を心掛けています。

フォーラムの開催情報

当館ホームページ「イベント情報」をご確認ください。

イベント情報はこちらでチェック 札幌市からのお知らせ

札幌市中央図書館ホームページ

開催日の1カ月前頃から、中央図書館、各区役所・区民センターでチラシを配布しています。

 

平成31年(令和元年)事業一覧

回数 実施日 場所 講師 講演題目
パネル展示 1月10日(木曜日)~2月12日(火曜日) 中央図書館 宮坂省吾(株式会社アイピー情報室) 失われた川を尋ねて「水の都」札幌
第50回 4月13日(土曜日) 中央図書館 加藤幾芳(北海道大学名誉教授) 現代物理学の到達点と課題~一物理学者のみる物質の世界~
第51回 6月22日(土曜日) 中央図書館 小内純子(札幌学院大学法学部教授) 農村女性の社会参画の現状~生活改善運動とのかかわりで~
第52回 7月27日(土曜日) 中央図書館 大原昌宏(北海道大学総合博物館教授・副館長) 北海道の昆虫たち~身近な自然と昆虫、絶滅危惧種、外来種など~
第53回 10月26日(土曜日) 中央図書館 松本伊智朗(北海道大学大学院教授、子どもの生活実態調査研究班代表) 子ども・家族の生活と貧困~北海道子どもの生活実態調査から~
第54回 12月7日(土曜日) 中央図書館 若原正己(前北海道大学大学院理学研究科准教授) ヒトの寿命は120歳~老化のしくみと寿命~

平成30年以前の事業については、過去のサイエンス・コンソーシアム札幌の活動一覧をご覧ください。

ページの先頭へ戻る