ここから本文です。

更新日:2020年4月1日

河川事業(治水)

水害から身を守り、より良いまちづくりのため、河川の改修を行っています。

ここでは河川改修事業の一部を紹介していきます。

河川事業の紹介

数多く存在する札幌の河川の事情は、地区によって大きく異なります。各地区における流域の特徴と河川事業の進め方を紹介します。

また、河川事業の内容は多岐にわたっており、施工期間や目的も様々です。それぞれの河川事業が果たす役割とその内容を紹介します。

河川事業の計画

河川事業を進めるにあたっては様々な計画があります。ここではその内容を説明していきます。

札幌市治水整備指針

「札幌市治水整備指針」は、札幌市の河川整備の基本的な考え方として定められています。札幌市ではこの考え方を基に河川事業を進めていきます。

札幌市治水整備指針(PDF:1,203KB)

河川整備計画

平成9年の河川法改正によって、新たに河川整備の計画制度が導入されました。

札幌市雨に強いまちづくりビジョン

近年、短時間の局地的な大雨の増加により、市内各地で小規模浸水被害が発生しております。このような状況を踏まえ、河川と下水道が一体的に実施する治水対策の指針として、「札幌市雨に強いまちづくりビジョン」を策定しています。

札幌市雨に強いまちづくりビジョン(PDF:8,292KB)

また、ビジョンの目標や考え方に基づき、令和5年度(2023年)までの事業計画として、「札幌市雨に強いまちづくりプラン2023」を策定しています。

札幌市雨に強いまちづくりプラン2023(PDF:2,718KB)

総合治水について

札幌市の治水安全度向上のため、都市計画や下水道など、関係機関と連携し、安全を確保する施策が、総合治水です。ここでは、その一部を紹介していきます。

社会資本総合整備計画

札幌市の河川事業では、社会資本整備総合交付金(防災・安全交付金)を活用しています。
平成27年度から平成31年度を計画期間とした計画は、下記をご参照ください。

※平成28年4月1日、社会資本整備総合交付金交付要綱の改正に伴い、費用便益比等を追記した新様式に変更しました。

札幌市内における総合的な浸水対策の推進(防災・安全)(PDF:76KB)

事前評価チェックシート(PDF:77KB)

平成22年度から平成26年度を計画期間とした計画の事後評価は、下記をご参照ください。

事後評価書(PDF:1,105KB)

札幌市内における総合的な浸水対策の推進(PDF:183KB)

 

河川のページへ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市下水道河川局事業推進部河川事業課

〒062-8570 札幌市豊平区豊平6条3丁目2-1

電話番号:011-818-3414

ファクス番号:011-812-5241