ここから本文です。

更新日:2022年7月15日

オーラルフレイル

オーラルフレイルとは

「フレイル」とは、加齢にともなって心身の機能が徐々に低下してしまい、健康な日常生活を送るための身体機能や認知機能に低下が見られる状況のことです。「Frailty(虚弱)」という英単語から来ています。
このフレイルに口を意味する「オーラル」が組み合わさった言葉が「オーラルフレイル」です。噛んだり喋ったりするための口の機能が低下してしまうことです。

オーラルフレイルになるとどうなるの?

食事がしづらくなります

噛む力が衰えてしまうので、やわらかいものを選んで食べるようになります。また、口を上手く動かせなくなり、むせたり食べこぼしが出たりします。

食慾のない高齢者

喋りづらくなります

舌が上手く動かせなくなり滑舌が悪くなります。喋ることに負担を感じるようになり、人とのコミュニケーションの機会が減少します。

心身の機能の低下につながる恐れがあります

食べることが苦手になると噛むことが少なくなり、より食べるのが苦手になります。また、コミュニケーションが少なくなると喋る機会が減って更にコミュニケーションが苦手になってしまいます。
口の機能の低下が続くと心身の機能の低下につながる恐れがあります。負の連鎖に陥らないようにするためにも口の健康には常に気をつけてオーラルフレイルにならないようにすることが大切です。

自分がオーラルフレイルになっていないか知りたい

オーラルフレイルを予防するためには、自分の状態をしっかり知ることが重要です。日本歯科医師会ではオーラルフレイルのセルフチェックを公開しています。ご自分の状態を確認してささいな衰えを見逃さないようにしましょう。

セルフチェック「オーラルフレイルに当てはまるものはありますか?」 (日本歯科医師会HP)

虫眼鏡(高齢者)

オーラルフレイル対策がしたい

オーラルフレイルになってしまっても、しっかりとした対策をとることで状態が悪くなるのを防いだり回復させることができます。活動的な生活習慣を身につけて健康的な日常生活を送れるようにしましょう。

「オーラルフレイル対策のための口腔体操」 (日本歯科医師会HP)

札幌市後期高齢者歯科健診を受診しましょう

札幌市では後期高齢者の方に向けた歯科健診を実施しています。歯や歯ぐきを健康に保つことはおいしく食べることだけでなく口腔機能の低下や誤嚥性肺炎等の予防にもつながります。対象の方にはご案内をお送りしていますので、受診されていない方はオーラルフレイル対策のためにも受診してみてください。

「札幌市後期高齢者歯科健診」 (札幌市後期高齢者歯科健診HP)

健康な歯(高齢者女性) 健康な歯(高齢者男性)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所健康企画課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5151

ファクス番号:011-622-7221