ホーム > 教育・文化・スポーツ > スポーツ・レジャー > スポーツ > 札幌藻岩山スキー場の在り方検討

ここから本文です。

更新日:2024年2月22日

札幌藻岩山スキー場の在り方検討

「札幌藻岩山スキー場の運営体制移行に係る事業者募集」の実施について

札幌藻岩山スキー場は、1960年(昭和35年)に営業を開始した北海道内で屈指の歴史を誇るスキー場で、市民スキー場として親しまれています。市内スキー場の中では比較的小規模なスキー場ではありますが、ファミリーから上級者までが楽しめる変化に富んだ10コースがあり、澄んだ空気の中、札幌市内の夜景を見ながら滑るナイタースキーも人気です。また、現在はスキー専用であることから、スキー初心者にとって安心してスキーを楽しめる環境となっており、札幌市内の小中学生のスキー学習の場としても利用されています。

一方で、リフト利用延べ人数は1990年度(平成2年度)の約287万人をピークに減少傾向にあり、リフトやロッジ等の施設・設備の老朽化が進んでいます。また、現在、藻岩山スキー場は複数の事業者により運営がされており、経営資源が分散されているため事業者間の補完性が弱く、持続可能な運営体制への移行が必要な状況となっております。

これらの状況を踏まえ、札幌市では、藻岩山スキー場運営に意欲のある事業者による新運営体制を構築し、新たなニーズに対応したリフトやロッジ等の施設・設備のリニューアル、グリーンシーズンの活用、藻岩山展望台との連携に向けた検討など、ソフトとハード両面から藻岩山スキー場の魅力アップを図りたいと考えております。

そのため、現状のそれぞれ独立した運営体制を見直し、現在リフトやゲレンデを管理している株式会社りんゆう観光と一体運営を行う新規事業者を募るため、広く民間事業者から企画提案を求め、事業者を選定することといたしました。

募集要項

募集要項(PDF:1,182KB)

札幌市における札幌藻岩山スキー場の運営コンセプト

1.市民スキー場

・市民から親しまれ、初心者から上級者までどんな人でも楽しめるスキー場

・市内小中学生のスキー学習の拠点

2.観光拠点

・市内の夜景を眺めて滑る、贅沢なナイタースキー体験

・グリーンシーズンの活用を含めた藻岩山の通年利用の検討

・藻岩山展望台と合わせた、観光とスキーの一体的な提供の検討(※)

※具体的な検討については藻岩山展望台を運営する株式会社札幌振興公社との協議が必要です。

企画提案を求める事項

1.スキー場に関する業務実績

2.札幌藻岩山スキー場の運営方針(市民スキー場・観光拠点の考え方)

3.地域経済への貢献

4.施設リニューアルの考え方

5.各事業(リフト・レンタル・レストラン・スクール)の運営手法

6.持続可能な運営体制(資金計画・収支計画・集客策等)づくりについて

7.上記1~7以外の独自提案(提案がある場合)

様式集・資料集

様式集
様式 1 質問書(ワード:22KB)
様式 2-1 応募予定者登録申込書(単独)(ワード:26KB)
様式 2-2 応募予定者登録申込書(共同)(ワード:28KB)
様式 2-3 応募予定者登録構成員変更届出書(ワード:32KB)
様式 3 法人概要・事業経歴書(ワード:19KB)
様式 4 納税義務に係る申立書(ワード:23KB)
様式 5 誓約書(ワード:23KB)
様式 6 応募申込書(ワード:36KB)
様式 7 構成員一覧表(ワード:26KB)
様式 8 応募取下届(ワード:33KB)

 

資料集
資料 1 札幌藻岩山スキー場新運営体制移行(案)(PDF:2,948KB)
資料 2 事業予定者決定に関する覚書(案)(PDF:92KB)

 

事業者募集のスケジュール

募集要項の公表 令和6年2月22日(木曜日)
募集要項への質問受付 令和6年2月22日(木曜日)~令和6年2月29日(木曜日)
募集要項への質問の回答公表 令和6年3月6日(水曜日)(予定)
応募予定者登録受付 令和6年2月22日(木曜日)~令和6年3月19日(火曜日)
応募提案資料受付 令和6年2月22日(木曜日)~令和6年5月10日(金曜日)
一次審査(書類審査) 令和6年5月中旬
二次審査(ヒアリング) 令和6年5月下旬
審査結果の通知 令和6年5月下旬

サウンディング型市場調査実施結果

実施結果につきまして、下記のとおり公表いたします。なお、参加いただいた事業者の名称や各事業者独自のノウハウに係る内容については非公表としています。

実施結果(概要)(PDF:420KB)

サウンディング型市場調査を実施します(募集は終了しました)

 

札幌藻岩山スキー場は、1960年(昭和35年)に営業を開始した北海道内で屈指の歴史を誇るスキー場で、市民スキー場として親しまれています。市内スキー場の中では比較的小規模なスキー場ではありますが、ファミリーから上級者までが楽しめる変化に富んだ10コースがあり、澄んだ空気の中、札幌市内の夜景を見ながら滑るナイタースキーも人気です。また、現在はスキー専用であることから、スキー初心者にとって安心してスキーを楽しめる環境となっており、札幌市内の小中学生のスキー学習の場としても利用されています。

一方で、リフト利用延べ人数は1990年度(平成2年度)の約287万人をピークに減少傾向にあり、リフトやロッジ等の施設・設備の老朽化が進んでいます。また、現在、藻岩山スキー場は複数の事業者により運営がされており、経営資源が分散されているため事業者間の補完性が弱く、持続可能な運営体制への移行が必要な状況となっております。

これらの状況を踏まえ、札幌市では、藻岩山スキー場運営に意欲のある事業者による新運営体制を構築し、新たなニーズに対応したリフトやロッジ等の施設・設備のリニューアル、グリーンシーズンの活用、藻岩山展望台との連携に向けた検討など、ソフトとハード両面から藻岩山スキー場の魅力アップを図りたいと考えております。

そのため、藻岩山スキー場のコンセプトに基づいた新事業者による藻岩山スキー場運営体制や藻岩山スキー場の施設・設備等の所有・運営方法、新事業者の運営参入条件に対する民間企業の意見を確認し、令和6年2月以降に予定している事業者公募の内容を検討するため、「サウンディング型市場調査」を実施します。

参加対象

札幌藻岩山スキー場運営の実施主体となる意向を有する法人又は法人のグループで業種・業態を問いません。

調査事項

藻岩山スキー場の新運営体制移行(案)(別紙「藻岩山スキー場の新運営体制移行(案))および新事業者に期待する要件に対する意見・提案を求めます。なお、全ての項目に対して回答を求めるものではありません。

1.藻岩山スキー場の新運営体制移行案

(ア)新運営体制案に対する意見

(イ)新運営体制に向けた施設の所有・整備の基本的な考え方に対する意見

(ウ)その他参入しやすい事業スキームの提案

2.新事業者に期待する要件

(ア)藻岩山スキー場の運営コンセプトの遵守

(イ)リフト・北斜面ロッジの更新

(ウ)藻岩山スキー場南斜面の運営維持

(エ)ナイター営業の継続

(オ)藻岩山スキー場管理運営協議会への参加

(カ)株式会社りんゆう観光へのリフト維持管理に関する業務委託

現地見学会の開催(任意参加)

サウンディング調査を検討している事業者を対象に、当該施設の現地見学会を実施します。本見学会への参加を希望する場合は、様式1「現地見学会申込シート」に必要事項を記入し、申込先へ電子メールにて送付してください。

日時:11月20日(月曜日)午前または午後※2時間程度、参加事業者の多い時間帯で設定。雨天決行

場所:札幌藻岩山スキー場北斜面ロッジ2階RestaurantM’sNorte

(住所:札幌市南区藻岩下1991)

内容:札幌藻岩山スキー場の概要説明・質疑応答、リフトの現況説明、コースレイアウトの見学

※見学会は、札幌市担当職員に加え、現在のリフト事業者である株式会社りんゆう観光が対応します。

※見学会は申し込みをされた全ての事業者を対象とした合同見学会となります。

※令和5年度札幌藻岩山スキー場運営参入意向調査業務の受託者(有限責任監査法人トーマツ)の職員も同席します。

申込期間:令和5年11月10日(金曜日)午後5時まで

申込先:札幌市スポーツ局企画事業課:sports-kikaku@city.sapporo.jp

※なお、電子メール件名を【現地見学会申込】としてください

実施要領・説明資料

実施要領(本文)(PDF:2,506KB)

別紙「藻岩山スキー場新運営体制移行(案)」(PDF:2,936KB)

様式1(現地見学会申込シート)(ワード:23KB)

様式2(質問シート)(ワード:21KB)

様式3(エントリーシート)(ワード:23KB)

スケジュール

調査のスケジュール
実施要領の公表 令和5年11月1日(水曜日)
現地見学会の参加申込期限 令和5年11月10日(金曜日)
現地見学会の開催(任意参加)

令和5年11月20日(月曜日)

※サウンディングの実施と同時に見学会も可能

質問の受付期限 令和5年11月22日(水曜日)
サウンディング参加申込期限 令和5年12月1日(金曜日)
サウンディングの実施 令和5年12月4日(月曜日)から12月27日(水曜日)
実施結果概要の公表 令和6年1月頃
事業者公募・事業者選定 令和6年2月~3月頃

 

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市スポーツ局スポーツ部企画事業課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西1丁目1番地7 ORE札幌ビル9階

電話番号:011-211-3044

ファクス番号:011-211-3046

お問い合わせへの回答には数日かかる場合がありますので、ご了承ください。
お急ぎの場合は、お電話でお問い合わせください。
【お問い合わせ対応時間】8時45分~17時15分(土日祝日および12月29日~1月3日はお休み)