ここから本文です。

更新日:2016年2月20日

都心交通社会実験

社会実験とは、新たな制度や技術の導入、または新たな施策を検討している場合などに、場所や期間を限定して実験的に行うことで、有効性を検証したり、問題点や課題の把握を行うものです。
札幌の都心でも、人と環境を重視した都心の実現を目指し、様々な社会実験を行い、施策の有効性を検証しました。

札幌駅前通(札幌駅~大通)の道路空間の再配分(停車スペースの設置や自転車走行レーンの設置)後のルール化について社会実験を行って、施策の効果、課題の検証を行いました。

旧北海道庁前赤レンガ前の道路空間をオープンスペースとして有効に活用し、市民参加型の「にぎわいづくり」の手法について検証しました。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市まちづくり政策局都心まちづくり推進室都心まちづくり課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎5階

電話番号:011‐211‐2692

ファクス番号:011‐218‐5112