ホーム > 観光・産業・ビジネス > 建築・測量・道路 > 河川 > 河川の管理 > 河川に関する許認可申請、各種届出 > 流出抑制施設(雨水貯留池等)の設置基準について

ここから本文です。

更新日:2023年10月6日

流出抑制施設(雨水貯留池等)の設置基準について

「流出抑制施設(雨水貯留池等)の設置基準」は、宅地開発等に伴ない、河川等の流域の流出機構が変化し、河川等への流入量が著しく増加する場合に下流河川等の改修に代わる手段として設置する流出抑制施設の一般的かつ基本的な基準を示すものです。

また、「都市計画法による開発行為の手引き」に基づき、昭和60年3月7日以後に市街化区域と定められた区域内又は市街化調整区域において開発事業を行う場合は、原則として、流出抑制施設を設置する必要があります。

なお、開発行為以外の雨水を河川等に排水する場合においても、流出抑制施設の設置を必要とする場合があります。

流出抑制施設(雨水貯留池等)の設置基準(PDF:1,406KB)


河川のページへ

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市下水道河川局事業推進部河川管理課
〒062-8570札幌市豊平区豊平6条3丁目2-1
電話番号:011-818-3415
FAX番号:011-812-5241