ここから本文です。

更新日:2018年6月29日

札幌市民泊総合窓口

「民泊ってなに?」「民泊をはじめるにはどうしたらいいの?」「近くに民泊をしている家があるけれど、ちょっと困っていて」など、民泊についてのご相談を、電話または窓口で受け付けています。ご気軽にご相談ください。

主な相談内容

  • 民泊制度に関するお問い合わせ
  • 民泊の実施についての相談
  • 民泊の届出受付(窓口のみ)
  • 民泊(違法民泊を含む)に関する苦情通報

窓口来所によるご相談

受付日時

9時00分~17時00分(土日祝及び年末年始を除く)

所在地

札幌市中央区北1条西2丁目2-1 北海道経済センタービル2階

経済センター 見取り図

電話・メール等でのご相談

受付日時

9時00分~21時00分(年中無休)

電話番号

011-211-2388

メールアドレス

sapporo-minpaku@athena.ocn.ne.jp

※迷惑メール対策として、@を全角としています。メール送信の際は@を半角(@)にしてください。

FAX

011-211-0328

 

◆民泊施設(無届の施設を含む)に関する情報提供について

民泊施設(無届の施設を含む)についての苦情通報等につきましては、施設を特定するため、できるだけ詳しい情報をお知らせいただく必要があります。メール(sapporo-minpaku@athena.ocn.ne.jp)電話(011-211-2388)またはFAX(011-211-0328)でご連絡の際は、以下の項目について、お知らせくださいますよう、ご協力お願いいたします。

 

  • 民泊施設の詳細な所在地
    ※ ○条○丁目だけでなく、枝番(△番△号)、マンション名と部屋番号等もお願いします。
  • 建物の外観/特徴
    ※ マンションか戸建て住宅か?、建物の外観色は?、(マンション等の場合)階層数は?等
  • 標識の有無/届出番
    ※ 各住戸の玄関前や、マンションの共用部、メールボックス等に標識が掲示されていれば教えてください。
    ※ 標識に記載された届出番号がわかれば教えてください。
  • 民泊の実施に気付いた時期/民泊の実施により迷惑を受けた時期
  • 民泊の実施に気づいた具体的な理由/具体的な迷惑行為等の内容
民泊の実施に気づいた具体的な理由の例 具体的な迷惑行為等の例

・明らかに住人ではない者が出入りしている
・頻繁に大型バスが乗り付けられている
・旅行者にその施設の道順を聞かれた

・住人ではない者がオートロックを開錠して入ってきた
・玄関ドアにダイヤルロックが付いており不自然だ

・夜中に大騒ぎしている

・ゴミ出しのルールがわかっていないようだ 等

・夜中に大騒ぎしている

・ゴミ出しのルールを守らない

・火災が発生しているようだ

・宿泊者に声をかけられた

・宿泊者にチャイムを鳴らされた

・マンションで禁止しているのに民泊をしている

・営業日数制限(年180日)を超えて営業している

・所有者/管理業者に連絡がつかない 等

  • 民泊施設の所有者 ※ご存知の場合だけで結構です
  • 民泊施設を管理する会社名、住所、電話番号 ※ご存じの場合だけで結構です
  • インターネットの仲介サイトへの掲載の有無およびURL ご存知の場合だけで結構です
  • 札幌市による調査・指導の結果について回答希望の有無
    ※ 調査・指導等については数週間要することがあります。ご了承ください。
  • 情報提供者様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス
    ※ 調査結果等の回答を希望される場合は、必ずお知らせください。
    ※ 匿名での情報提供も可能です。
     

【こちらの情報収集送信票にご記入いただき、FAX・メール等に添付していただくことも可能です。】

「民泊」施設に関する情報収集送信票(ワード:45KB)

「民泊」施設に関する情報収集送信票(PDF:118KB)

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376  内線:2376

ファクス番号:011-218-5129