ここから本文です。

更新日:2022年5月9日

住宅宿泊事業者の皆さまへ

住宅宿泊事業(民泊)に係る法令や制度など、住宅宿泊事業者を対象とした情報についてお知らせします。

家主居住型民泊施設における飲食店営業の許可に係る施設基準の取扱いについて

住宅宿泊事業法に基づく届出を行った届出住宅において、食品を調理して宿泊客に提供する場合は飲食店営業の許可を取得する必要があります。このたび、別添通知のとおり、届出住宅のうち、家主居住型民泊施設(届出住宅のうち、当該住宅に客を宿泊させる間、住宅宿泊事業者が不在とならないものをいう。)であって、かつ、現に人の生活の本拠として使用されている家屋において、当該事業者から、宿泊者に対してのみ食品を調理し提供することを目的に、飲食店営業の許可申請がなされた場合、許可対象施設の調理場所と届出住宅の家庭用台所との兼用を認めるなど、飲食店営業許可に必要な施設基準について緩和されることとなりました。

つきましては、届出住宅において、飲食物の提供をお考えの場合は、届出住宅のある区の保健センターにご連絡の上、ご相談願います。

宿泊施設に待機中の入国者等への健康フォローアップ等の実施手法について

新型コロナウイルス感染症の水際対策強化の一環として、国において、特定の国・地域からの入国者等に対して、位置情報・健康状態の報告、ビデオ通話等による居所確認等(以下「健康フォローアップ等」という。)を行っているところですが、健康フォローアップ等を行う中で、自ら確保した宿泊施設に待機中の入国者等が健康フォローアップ等に応答しない場合には、入国者健康確認センターより宿泊施設あて架電し、当該入国者等の客室への取り次ぎをお願いすることがございますので、その旨ご留意の上ご協力いただきますようお願いいたします。なお、入国者等においては、入国時に記載する「誓約書」において、宿泊する施設に対して照会を行う場合がある旨誓約頂いております。

担当部署の変更について

令和3年4月1日より、住宅宿泊事業法(民泊)に基づく届出等の事務について、札幌市保健所環境衛生課が担当することになりましたのでお知らせいたします。

【詳細】

担当:札幌保健福祉局保健所環境衛生課

所在地:〒060-0042 札幌市大通西19丁目 WEST19ビル3階

連絡先:電話番号011-622-5165 ファックス番号011-622-5177

※ 民泊に関する相談・届出につきましては、これまでどおり、「札幌市民泊総合窓口」で受け付けしております。

その他

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所環境衛生課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5165

ファクス番号:011-622-5177