ホーム > 健康・福祉・子育て > 食の安全・食育 > 食育情報 > 年代別食育情報 > 離乳のすすめ方:離乳後期(生後9~11か月頃)

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

離乳のすすめ方:離乳後期(生後9~11か月頃)

この資料は、離乳のすすめ方の目安です。
お子さんの食欲や成長・発達の状況に応じて、食事の量、固さ、大きさなどを調整しましょう。

月齢 離乳後期(生後9~11か月頃)
食べ方の目安
  • 食事のリズムを大切に、1日3回食に進めていきましょう。
  • 食欲に応じて、量を増やしていきましょう。
  • 食べ物に手を伸ばすようになり、手づかみ食べが始まります。積極的にさせましょう。
  • 家族等と食卓を囲み、共食(きょうしょく・一緒に食べること)を通して食の楽しい体験を増やしましょう。
離乳食と母乳(ミルク)の
1日の回数(例)

<離乳食の回数>3回

  • 3回食に慣れてきたら、大人と同じ食事時間にします。
  • 離乳食の後に母乳やミルクを飲ませます。
  • 離乳食とは別に、授乳のリズムに沿って母乳は飲みたいだけ、ミルクの場合は、1日2回程度飲ませます。
固さの目安

歯ぐきでつぶせる固さ(バナナぐらい)

味付け 離乳の進行に応じて、砂糖、塩、しょうゆなどの調味料を使用する場合は、素材の味を生かしながら、うす味でおいしく調理しましょう。

1回あたりの目安量

 

(魚・肉・豆腐・卵・乳製品は、いずれかを1品)

穀類…全がゆ90~軟飯80g

野菜・果物…30~40g

海藻…離乳の進行に応じて取り入れましょう

…15g

…15g

豆腐…45g

…全卵2分の1個

乳製品…80g

…少量

歯の生え方の目安

1歳前後で前歯が8本程度生えてきます。

口の動き

歯ぐきでつぶすことができるようになります。9~11か月頃の口の動き

食べさせ方

丸み(くぼみ)のある離乳食用のスプーンを下唇にのせ、上唇が閉じるのを待ちます。

 

離乳のすすめ方の注意点もご覧ください。

 

 

その他の月齢のすすめ方はこちらです。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所健康企画課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5151

ファクス番号:011-622-7221