ここから本文です。

更新日:2017年9月14日

結核の予防

BCG予防接種

BCG予防接種は、結核の発病や重症化を防ぐための免疫をつける重要な予防接種です。
結核は、特に乳幼児が感染すると重症化することが多く、髄膜炎などになることがあります。
このため、1歳未満の時期に予防接種を受けることが重要です。(望ましい接種時期は生後5~8カ月未満です)
札幌市では、この時期のお子さまのために、各保健センターでBCG予防接種を実施しています。
対象となるお子さまの保護者へは、お住まいの区の保健センターから案内文書をお送りしています。実施日時などは、お住まいの区の保健センターへお問い合わせください。

日ごろの健康管理

結核は、免疫力が低下すると発病しやすくなります。
普段から、睡眠・食事・運動・ストレスなどに気を配り、健康的な生活を送って免疫力を高めるように心がけましょう。
また、症状がかぜの初期症状とよく似ている為、気がつかないで悪化させてしまったり、他人に感染させてしまうことも少なくありません。
症状が2週間以上続く時は、結核を疑って早めに医療機関を受診しましょう。
学校や職場の健康診断、結核住民健診(65歳以上)なども早期発見に役立ちますので、できるだけ受けるようにしましょう。

健康チェックリスト(結核早期発見のためのポイント)(PDF:739KB)をご活用ください。

高齢者の結核対策

結核患者数は減少傾向にありますが、高齢者が占める割合は増加しています。 札幌市では新たに結核患者として登録された方の、7割以上が65歳以上の高齢者です。 高齢者は咳や痰などの症状が現れにくく、受診の遅れにつながる可能性もあるため、早期発見に向けた対策がとくに重要です。

高齢者の結核対策(PDF:272KB)

札幌市保健所で作成した上記健康チェックリストのほか、公益財団法人結核予防会では以下のような資料も作成しておりますのでご活用ください。

高齢者施設・介護職員対象の結核ハンドブック(PDF:2,558KB)

高齢者介護に関わる人のための“結核”基礎知識(PDF:295KB)

※この資料は国立研究開発法人日本医療研究開発機構委託研究開発費(新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業)「地域における結核対策に関する研究」(研究開発代表者 石川信克)により作成されました。 

結核予防週間

 

『知っていますか?「結核」が、現代の病気だってコト』

9月24日から30日までは、結核予防週間です。
札幌市では、平成28年は160人が新たな結核患者として登録されています。咳・痰・発熱・体のだるさが2週間以上続くようであれば、結核を疑い、医療機関を受診しましょう。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所感染症総合対策課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5199

ファクス番号:011-622-5168

※緊急の対応が必要な場合には、直接お電話で御連絡願います。