ホーム > 防災・防犯・消防 > 消防・火災予防 > 各消防署 > 手稲消防署 > 手稲消防署「秋の火災予防運動」

ここから本文です。

更新日:2023年1月27日

手稲消防署「秋の火災予防運動」

令和4年10月15日(土曜日)から10月31日(月曜日)まで

気温が下がり、暖房器具の使用等により火災が多く発生する季節を迎えるにあたり、

全市一斉に「秋の火災予防運動」が実施されました。

手稲消防署では、令和4年10月15日(土曜日)10時30分から、西友手稲店(札幌市手稲区前田1条11丁目)前で、札幌手稲区防火委員、札幌手稲区少年消防クラブ及び手稲消防団と協力して街頭啓発を実施しました。

街頭啓発には、約300名が来訪され、防災グッズの無料配布、住宅用火災警報器や自動消火装置、ストーブで燃えたタオルの実物展示などを行いました。防火委員、少年消防クラブ員、消防団員も積極的に火災予防を呼び掛けました。

​​​防火委員及び消防団員が防火ティッシュの配付を実施している様子ストーブによる火災の危険性を説明している様子

消防団員による火災予防の訴えかけ指揮隊による車両展示の様子

少年消防クラブ員による火災予防の訴えかけ少年消防クラブ員による防火ティッシュの配付

令和4年10月22日(土曜日)11時30分から、現金問屋手稲店(札幌市手稲区前田4条7丁目)前で、札幌手稲区少年消防クラブと協力して街頭啓発を実施しました。

手稲少年消防クラブ員による現金問屋での防火の訴え手稲消防クラブ員による現金問屋での防火ティッシュの配付

ストーブによる火災を防ぐポイント

 

ストーブは北国で生活する私たちにとって欠くことのできない暖房器具です。しかしちょっとした不注意や油断から、火災になってしまいます。

十分注意して使用しましょう

<ポイント>

  • 必ず説明書を読み、正しく取り付ける。
  • 燃えやすいものの近くや、物が落下する恐れ
    のある場所では使用しない。
  • 外出するときや寝るときは、火を消す。
  • 給油や持ち運びは、必ず火を消してから
    行う。
  • 安全装置の付いた暖房器具を使用する。
    (耐震自動消火装置、不完全燃焼防止装置、
    加熱防止装置、消し忘れ消火装置など)

「ストーブ火災に注意!!」(PDF:47KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市消防局手稲消防署予防課

〒006-0022 札幌市手稲区手稲本町2条5丁目

電話番号:011-681-2100

ファクス番号:011-271-0756