ここから本文です。

更新日:2021年11月8日

消防団とは

消防団は、その地域に密着し、住民の安全と安心を守るという重要な役割を担っています。
詳しくは、「活動内容等」をご覧ください。

非常勤特別職の地方公務員

消防団員は、他に本業を持ちながら、権限と責任を有する非常勤特別職の地方公務員として、「自分たちのまちは自分たちで守る」という精神に基づき、消防防災活動を行っています。
また、消防団員として守らなければならないことが条例や規則などで定められています。

みなさん本業を持っています

消防団員は、会社員や自営業、主婦、学生など、各自本来の仕事を持ちながら活動をしています。
災害が発生した場合は、自宅や職場から出動しています。

消防団員と消防職員の違い

消防団員は、非常勤特別職の地方公務員として、火災や大規模災害発生時に自宅や職場から現場に駆けつけ、消火活動等を行っています。
一方、消防職員は、専任の職員として、消防本部や消防署に勤務しています。

階級

消防団には、7つの階級があり、災害現場などの消防団活動では、上位の階級の指揮命令のもと活動しています。

 

挿絵階級証

 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市消防局総務部職員課

〒064-8586 札幌市中央区南4条西10丁目1003

電話番号:011-215-2020

ファクス番号:011-281-0101