ここから本文です。

更新日:2018年11月12日

ごみ処理の流れ

家庭から出されたごみは・・・

家庭で出されたごみは、適切に処理するため、ごみ収集車により各施設へ運ばれます。
ごみ処理の流れのイメージは以下のとおりです。

廃棄ごみの処理の流れ

廃棄ごみとは、燃やしたり、砕いたりした後で、埋め立てられる、「資源にならないごみ」のことです。
※清掃工場で出る灰の一部は、セメント原料としてリサイクルされています。
※大型ごみのうち、まだ使える木製家具・自転車・子ども用遊具としてリサイクル収集されたものは、リユースプラザ・リサイクルプラザで展示・提供をしています。

燃やせるごみ

 

 

 

燃やせるごみは、清掃工場で焼却され、灰になります。
その灰は、埋め立て地に埋め立てられるほか、一部はセメント原料としてリサイクルされています。

 

 

 

燃やせないごみ

 

 

燃やせないごみは、破砕工場で細かく砕かれた後、埋め立て地に埋め立てられます。
中には、直接埋め立てられるものもあります。

 

 

 

大型ごみ

 

 
大型ごみは、破砕工場で細かく砕かれた後、清掃工場で焼却され、埋め立てられます。中には、砕かれた後、直接埋め立てられるものもあります。
大型ごみのうち、まだ使える木製家具・自転車・子供用遊具として「リサイクル収集」されたものは、リユースプラザやリサイクルプラザ宮の沢で展示・提供しています。

 

 

 

資源物の処理の流れ

資源物とは、分別してリサイクルされ、資源として再び利用するもののことです。
地球上の限られた資源を長く使っていけるよう、しっかりと分別をお願いします。
資源物がどのようなものに生まれ変わるかは、資源としてリサイクルできるものをご覧ください。

容器包装プラスチック

 

 

 容器包装プラスチックは、プラスチック選別センターにて選別した後、リサイクル業者に引き渡しています。

 

 

 

 

びん缶ペットボトル

 

 

 
 びん・缶・ペットボトルは、資源選別センターでそれぞれの種類に選別した後、リサイクル業者に引き渡しています。

 

 

 

枝葉草

 

 

 

枝・葉・草は、埋め立て地内にある資源化ヤードや、たい肥化処理施設で、たい肥にリサイクルしています。

 

 

 

 雑がみ

  

雑がみは、雑がみ選別センターで選別された後、製紙原料となる紙は製紙工場へ運ばれ、紙としてリサイクルされます。
製紙原料とならない紙(防水加工された紙、匂いのついた紙など)は資源化工場へ運ばれ、固形燃料としてリサイクルされます。

 

 

 

スプレー缶

 

 スプレー缶は、リサイクル業者に引き渡しています。

 
 

乾電池

 

 乾電池は、リサイクル業者に引き渡しています。

 

 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境事業部循環型社会推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2912 

ファクス番号:011-218-5108