ここから本文です。

更新日:2019年9月3日

サッポロサタデースクール事業

事業内容

文部科学省においては、地域と学校がパートナーとして連携・協働し、社会総掛かりによる教育の実現を目指して、全国的に地域学校協働活動を推進しています。
札幌市では、協働活動の一環として、地域の多様な経験や技能を持つ人材・企業等の豊かな社会資源を活用したプログラムを、土曜日等に学校施設等を活用して実施する「サッポロサタデースクール事業」を平成26年度から実施しています。
本事業は、学校関係者や地域の団体・人材(地域住民・地域団体の代表者、PTA役員及びボランティアなど)で構成する運営協議会に委託し、子どもたちの学びや体験となる魅力あるプログラムを、学校や地域の実情に合わせて計画し実施するもので、令和元年度は47校(小学校36校、中学校10校、特別支援学校1校)で活動しています。
この事業を通じて、子どもたちにとって土曜日を始めとした休日を充実したものとするとともに、地域と学校の連携・協働の仕組みを整え、地域全体で子どもを育てる環境を醸成することを目指します。

実施体制概念図
実施体制概念図

 

実施状況

令和元年度

平成30年度

※平成29年度以前の実施状況

研修会・情報交換会

実施校同士の情報共有を図ること等を目的として、下記のとおり研修会・情報交換会を実施しています。

令和元年度 研修概要

日時 令和元年6月11日(火曜日)9時30分~11時30分
場所 STV北2条ビル6階A・B会議室(中央区北2条西2丁目)
講師

全国体験活動ボランティア活動推進センター

(国立教育政策研究所社会教育実践研究センター内)

コーディネーター 興梠 寛(こうろき ひろし)氏

内容

1.講義

 「子どもを育む『縁』を結ぶ」

 ~地域における学校との連携・協働活動の意義とコーディネーターの役割~

2.グループトーク

 「コーディネートの“壁”を克服するためにできること」

※過去の情報交換会・研修会の様子

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会生涯学習部生涯学習推進課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目15 STV北2条ビル4階

電話番号:011-211-3872

ファクス番号:011-211-3873