ここから本文です。

更新日:2018年1月20日

親育ち応援団事業

 親育ち応援団事業とは?

「親が笑顔なら子どもも笑顔になる」

札幌市教育委員会では、「親の育ちが子の育ち」の考えから、親の育ちを応援する取り組みとして、子育て中の親を対象に、基本的な家庭教育(生活習慣・しつけなど)を行うための親の意識や知識・楽しく子育てをするためのコツなどについて、分かりやすく考えることの出来る「講演会」や「講座」を実施しています。「しつけって何だろう?」「親の思いをどうやって子どもに伝えたらいいんだろう?」「毎日忙しすぎて、ゆっくり子どもと向き合う時間がない」・・・そんな悩みをお持ちの皆さん、一人で悩まずに、一緒に考えてみませんか?

【】

平成29年度親育ち応援団講演会を開催します

家庭教育の必要性や重要性を呼びかけるため、プロサッカー選手長友佑都氏の母「長友 りえ」氏及び教育評論家の「親野 智可等(おやの ちから)」氏をお迎えし、強い精神力の鍛え方や子どものやる気が育つ親子の関わり方などについての講演会を開催します。
仕事をされている方も参加しやすいよう、平日の夜間と土曜日の午前中に開催します。是非ご参加ください。

H29親育ち応援団講演会チラシ表面

親育ち応援団講演会チラシ(PDF:454KB)

【第1回】親育ち応援団講演会(平成30年2月14日開催) ※申込締切日:平成30年2月4日

  • 日時:平成30年2月14日(水曜日)18時30分~20時00分(開場18時00分)
    (※途中入退場可)
  • 場所:道新ホール(中央区大通西3丁目道新ビル大通館8階)
    【交通機関】
    ・地下鉄大通駅より徒歩3分
    ・JR札幌駅南口より徒歩10分
    ※地下鉄をご利用の方は、地下街オーロラタウンより北大通西3丁目・北海道新聞社・時計台方面の出口が便利です。
    ※駐車場はありません。公共交通機関をご利用下さい。
  • 講師:長友 りえ 氏(プロサッカー選手 長友 佑都 氏の母)
  • 内容:「子どもの夢を叶える 長友家五感の子育て」
    子どもの自立心を促し、自ら人生を開拓していける強い精神力を育む方法についてお伝えします。
  • 参加費:無料
  • 定員:650名(申込多数時抽選)
  • 申込受付期間:平成30年1月10日(水曜日)~平成30年2月4日(日曜日)

【第2回】親育ち応援団講演会(平成30年3月3日開催) ※申込締切日:平成30年2月18日

  • 日時:平成30年3月3日(土曜日)10時00分~11時30分(開場9時30分)
    (※途中入退場可)
  • 場所:共済ホール(札幌市中央区北4条西1丁目1共済ビル6階)
    【交通機関】
    ・地下鉄さっぽろ駅21番出口より徒歩3分
    ・JR札幌駅より徒歩10分
    ※駐車場はありません。公共交通機関をご利用下さい。
  • 講師:智可等(おやの ちから)氏(教育評論家・元小学校教師)
  • 内容:「叱らなくても子どもは伸びる」~目からウロコの子育てと家庭教育~
    子どものやる気が育つ親子の関わり方や、明るく楽しい気持ちで子育てができるヒントについてお伝えします。
  • 参加費:無料
  • 定員:600名(申込多数時抽選)
  • 託児:定員20名(第2回のみ実施、申込多数時抽選)
    ※生後3ヶ月から就学前のお子さんを対象とさせていただきます。
  • 申込受付期間:平成30年1月10日(水曜日)~平成30年2月18日(日曜日)

申込方法

札幌市コールセンターへホームページまたは電話でお申込みください。

【申込必要事項】

  1. 行事名
  2. 参加人数(代表者を含めて最大4名まで申込可)
  3. 参加者全員の氏名(ふりがな・漢字)
  4. 代表者の郵便番号・住所
  5. 代表者の電話番号
  6. 託児の希望有無(託児は第2回のみ実施します。)
    希望される場合は、以下についてもお伝えください。
    ・お子さんの氏名・ふりがな
    ・生年月日
    ・性別
    ・アレルギーの有無(アレルギーがある場合はアレルギーの種類)
    ・その他(事前に保育スタッフに伝えておきたいこと。初めての預かりや障がいなど)

※申込者多数の場合は、抽選となります。
※抽選結果は各講演会開催日の1週間前を目処に郵送で代表者にお知らせする予定です。(当選、落選ともにお知らせします。)
※当選者には入場券を送付します。(複数名でまとめて申し込まれた場合は、代表者に送付します。)

よくあるご質問

Q.当日に急に参加できなくなった場合、連絡は必要ですか?

A.連絡は必要ありません。(ただし、託児申込者については、ご連絡をお願いいたします。)

Q.札幌市外に住んでいても申込みできますか?

A.お申込みいただけます。

Q.第1回と第2回の両方に申し込むことはできますか。

A.両方にお申込みいただけます。

Q.グループでの申込みは可能ですか?

A.申込代表者と同行者3名の合計4名までお申込みいただけます。なお、同行者も含めまして重複の申込みはご遠慮願います。

Q.座席の指定はありますか?グループで参加する場合、隣の席になれますか?

A.座席は自由席です(一部に優先席を設けます)。グループでお越しになる場合は、なるべく皆さんおそろいのうえ、お早めにお越し願います。

Q.子ども同伴での参加は可能ですか?

A.可能です。

Q.会場に乳幼児のおむつを替えたり、授乳できるスペースはありますか?

A.第1回、第2回ともにご用意しております。

 

※昨年度の実施状況はこちら

 

平成29年度親育ち応援団講座の実施企業を募集します(募集は終了しました)

企業等に勤務している子育て中の方等を対象に、家庭教育の必要性や仕事と子育ての両立等について一緒に考える「親育ち応援団講座」を企業に出張して実施いたします。「仕事をしていて日中の講演会等には参加できない」「学びたい気持ちはあるが、夜は子どものお迎えや食事の支度があるので時間がない」。そんな皆さんを応援します。職員研修等へ活用してみませんか。

※昨年度の実施状況はこちら

 

実施期間 平成30年2月9日(金曜日)から平成30年3月23日(金曜日)まで(土・日・祝日を除く)
場  所 企業の会議室等
対  象 札幌市内の企業等(支店、支社を含む)に勤務している子育て中の方等
講座テーマ

・子どもの可能性を引き出す魔法の言葉~子育てコーチングって?~

・子どもの上手な叱り方・褒め方

・家庭における約束事やルールについて

・家族の笑顔を応援します~イライラしない子育て~

・命の大切さについて

・思春期の子育てで気をつけたいこと~SNSの危険性や男女交際を巡るトラブルなど~

・パパができる子育て

・仕事と子育ての両立のコツ~ワークライフバランスって?~

・勤務先でのタイムマネジメント
費  用 無料(ただし、会場費がかかる場合は、ご負担をお願いしております。)
募集企業数 5社
申込方法

講座申込書に希望日時等を記載し、FAX(011-211-3873)又は郵送でご提出ください。

申込締切 平成30年1月19日(金曜日)【必着】
その他

申込多数時は、過去に本講座未実施の企業等を優先した上で、抽選いたします。抽選結果は、1月下旬にお知らせします。

 

 

平成28度親育ち応援団講演会「その気にさせる極意」を実施しました

今回の講演会は、駒大苫小牧高校を甲子園で日本一に導いたメンタルトレーナー「遠藤友彦」氏をお迎えしました。子どものやる気を引き出すためには、目標を持たせることや結果ではなく行動を認めることの必要性などを学ばせていただきました。たくさんのご参加、ありがとうございました。

 『やる気アップの極意』セミナー(夜の部)
  • 日時:平成29年1月20日(金曜日)19時から20時30分
  • 会場:会議・研修施設ACU(アキュ)16階中研修室1613

 講演会写真1 講演会写真2 講演会写真3

『夢実現の法則』講演会(昼の部)
  • 日時:平成29年1月21日(土曜日)10時から11時30分
  • 会場:共済ホール

 講演会写真4 講演会写真5 oyasodatikai

【参加者からの声(アンケートより一部抜粋)】
  • 大人も自分の生活を見直さなければと思いました。子どもに言う前に自分から、子どもと一緒に育つ、まさに親育ちの勉強が出来ました。
  • 小学2年生の子どもが野球をやっています。彼なりにすごく頑張っていますが、今までは親が手をかす機会が多く、アドバイスのつもりでいましたが、口うるさく子どもにとってはやらされていると思っていたことが多くあったのではと思いました。弱い子にさせていたのは、良かれと思って手をかした私たち大人の責任だったとハッと気がつきました。今日のお話を家に持ち帰り取り組んで行きます。
  • やる気のない子ども、何かヒントになればと参加しました。自主自律の重要さ、大切さを深く考えさせられました。まず、今日から、子どもを変えさせるのではなく、自分が変わりたい、そして子どもを変えさせたい、やる気にさせたいと思いました。
  • 初めて子どもと参加する講演会で良い機会となりました。親としてうなずけるお話ばかりで、今後の子育てに、また私自身の成長に役立てたいと思います。親子で夢実現について話し合ってみたいと思います。
  • これからの夢にもつながるから、とてもいい講演会だったと思います。これから大きくなっていって、困るときや嫌なとき、イライラすることもたくさんあると思いますが、この講演のことを思い出していこうと思いました。

     他にも、たくさんのメッセージをいただきました。

 

平成28年度親育ち応援団講座を実施しました

仕事をしていて日中の講演会等には参加できない。学びたい気持ちはあるが、夜は子どものお迎えや食事の支度があるので時間がない。子どもが通っている幼稚園や学校で、親同士が学ぶ機会が欲しい!そんな子育て中の皆さんのもとへ、勤務先の昼休みや幼稚園・学校での保護者会議前後等に講師を派遣する「親育ち応援団講座」を実施いたしました。各企業・学校でそれぞれのテーマに沿って学んでいただきました。参加いただきました企業・PTAの皆さまありがとうございました。

札幌市立八軒北小学校PTA 様

自分が子どもに対して行っている行動・言葉などを見つめ直し、やる気を引き出すための子どもとのコミュニケーションについて学びました。

  • 日時:平成29年3月1日(水曜日)11時15分から11時45分
  • テーマ:親の役割「コミュニケーションの重要性」
  • 講師:庄野 二郎 氏(オフィスJTL代表)

         八軒北小1       八軒北小2

【参加者からの声(アンケートより一部抜粋)】

  • 子どものやる気も親の心の大きさ次第なのかと親の責任は計り知れないなと思いました。
  • 二人の兄弟に当てはまる事などわかりやすく説明してくれて納得でした。

医療法人耕仁会札幌太田病院 様

日常生活の中で、すぐに取り組める具体的な時間管理のコツや、職場や家庭でも活かせる思考の整理について学びました。

  • 日時:平成29年3月8日(水曜日)13時から14時
  • テーマ:仕事と子育ての両立「勤務先でのタイムマネージメント」
  • 講師:田川 瑞枝 氏(思考の整理収納塾代表)

         太田病院2       太田病院1

【参加者からの声(アンケートより一部抜粋)】

  • 時間の管理が生活の質の向上に必要であることがわかり、今後、自分の生活の中にも取り入れていきたいと思いました。
  • 自分の一日の行動を振り返り、ムダな時間・無くてもいい時間を減らし、優先順位をつけて効率的な生活をしたいと思いました。

社会福祉法人さくら会さくらんぼ保育園 様

表現を変えると意味が変わり、意味が変わると反応と行動に変化がでる。悪循環を引き出す「悪魔の言葉」とやる気を起こす「魔法の言葉」などについて学びました。

  • 日時:平成29年3月8日(水曜日)13時30分から14時30分
  • テーマ:コミュニケーション「家族の笑顔を大切に」
  • 講師:宮本留美子 氏(メンタルパワーパートナー認定メンタルコーチ)

         さくらんぼ1        さくらんぼ2

【参加者からの声(アンケートより一部抜粋)】

  • 言葉の大切さを改めて考えさせられました。分かってはいても、つい否定的な叱り方をしてしまうので、能力を伸ばすような目標を立てて育てていきたいと思いました。
  • 自分と向き合うきっかけになりました。子ども達が前向きになれる魔法の言葉を沢山見つけたいです。

一般財団法人札幌市職員福利厚生会 様

整理力を上げるための親の姿勢やコミュニケーションの取り方や、子ども達が将来自立した大人に成長できるように親の質問力を磨くことなどを学びました。

  • 日時:平成29年3月10日(金曜日)12時15分から13時
  • テーマ:子どものしつけ「家庭内における約束事やルールについて」
  • 講師:近川樹美恵 氏(ノンオブラート代表)

         福利厚生会1         福利厚生会2

【参加者からの声(アンケートより一部抜粋)】

  • 現在子育て中であり、お片付けをどのように教えたら心にひびくかなと思っていたので、大変参考になりました。お昼休みの短時間ですが充実した内容でした。
  • 子どもの部屋が汚いと、どうしても「これはどこ?」「これはどうするの?」とついつい口を出して強制的に片付けさせてしまう事が多かったのですが、親子で片付け楽しみながら頑張りたいです。

社会福祉法人みどりのくに真駒内保育園 様

日常生活の中で、すぐに取り組める具体的な時間管理のコツや、職場や家庭でも活かせる思考の整理について学びました。

  • 日時:平成29年3月13日(月曜日)13時から14時
  • テーマ:仕事と子育ての両立「勤務先でのタイムマネージメント」
  • 講師:田川 瑞枝 氏(思考の整理収納塾代表)

         真駒内保育園1                  真駒内保育園2

【参加者からの声(アンケートより一部抜粋)】

  • 分かりやすく自分の行動を見直し、改められると実感しました。ライフ・ワークバランスを大切にして、今後も仕事をしていきたいと思います。自分の為に、相手の時間を使っていること忘れずに時間を大切に使い行動します。
  • 時間の使い方、そして未来の自分の生き方、様々な事を考えさせられると同時に、過去の自分について、反省すべき点が多いなと感じました。ぜひ、今後に活かして行きたいです。

株式会社 エスプランニング 様

失敗を許すことの大切さや、「ダメだし」よりも「ヨイだし」を心がけ、自尊心を育む「勇気付け」などについて学びました。

  • 日時:平成29年3月14日(火曜日)9時40分から10時40分
  • テーマ:子どものしつけ「子どもの上手な叱り方・褒め方」
  • 講師:佐高 葵月代 氏(こころとからだのカウンセリングルームsmacc代表)

        エスプランニング1         エスプランニング2

【参加者からの声(アンケートより一部抜粋)】

  • 子どもに限らず、他人との接し方に関する手法を学べたのが良かったです。親自身の物事の考え方も大事なのだと理解できました。
  • 講師の方の実体験を交えての話がとても興味深く聞くことが出来ました。子育てよりもまずは、まさに「親育ち」だと思える内容でとても良かったです。

株式会社藤城建設 様

仕事や子育てにおいても、相手を知ることでコミニュケーションの取り方に違いがあるというお話のあと、コミュニケーションのタイプ別テストを行い、社員同士でそれぞれタイプ別の関わり方などを学びました。

  • 日時:平成29年3月14日(火曜日)13時から14時
  • テーマ:仕事と子育ての両立「ワークライフバランスって?」
  • 講師:石谷二美枝 氏(株式会社コーチングプラス代表)

         藤城建設1         藤城建設2

【参加者からの声(アンケートより一部抜粋)】

  • 職場での関わり方について、個人に対する対応の参考になりました。より良い関係を築けるよう努めたいと思います。
  • 頼みごとの言い方、褒め方など大変勉強になりました。自分に余裕を持ち、無理せずに過ごして行きたいです。

北ガスフレアスト西株式会社 様

仕事や子育てにおいても、相手を知ることでコミニュケーションの取り方に違いがあるというお話のあと、コミュニケーションのタイプ別テストを行い、社員同士でそれぞれタイプ別の関わり方などを学びました。

  • 日時:平成29年3月15日(水曜日)12時から13時
  • テーマ:仕事と子育ての両立「ワークライフバランスって?」
  • 講師:石谷二美枝 氏(株式会社コーチングプラス代表)

        北ガス1          北ガス2

【参加者からの声(アンケートより一部抜粋)】

  • 家庭でも職場でも活用していける内容でした。
  • 子どもの褒め方、叱り方、タイプ別にかえると効果的と知り、早くに知りたかったなあと思いました。

トランスコスモス株式会社 様

仕事も家庭も明るさが大切。「目の前の出来事をプラスに考えてみる」など、日常生活のよくあるシーンで具体的にどのように気持ちを切り替えるのかを楽しいスライドを見ながら学びました。

  • 日時:平成29年3月21日(火曜日)18時30分から19時30分
  • テーマ:仕事と子育ての両立「ワークライフバランスって?」
  • 講師:塩谷 隆治 氏(笑華尊塾代表)

        トランス1          トランス2

【参加者からの声(アンケートより一部抜粋)】

  • 仕事をするうえで、子育てをする上で忘れていた気持ちを思い出すことができました。
  • 子育てだけではなく、職場の人間関係にも参考になる良い機会でした。

蝦名事務所 様

仕事も家庭も明るさが大切。「「目の前の出来事をプラスに考えてみる」など、日常生活のよくあるシーンで具体的にどのように気持ちを切り替えるのかを楽しいスライドを見ながら学びました。

  • 日時:平成29年3月27日(月曜日)9時から10時
  • テーマ:仕事と子育ての両立「ワークライフバランスって?」
  • 講師:塩谷 隆治 氏(笑華尊塾代表)

         蝦名2            蝦名1              

【参加者からの声(アンケートより一部抜粋)】

  • 仕事への取組方だけではなく、日常生活においても活かせる内容ですので実践していきたいです。
  • 人との向き合い方について大変参考になりました。子どもと毎朝ハイタッチしていこうと思います。

 

 親育ち応援団BOOK

この「親育ち応援団BOOK」には、皆さんと同じように毎日一生懸命子育てをしているママさん&パパさんからのメッセージがたくさん載っています。

親育ち応援団BOOK表紙(PDF:616KB)

親育ち応援団BOOKもくじ(PDF:637KB)

親育ち応援団BOOK前書き(PDF:575KB)

1ページ目「子育ては誰でもはじめは初心者です(PDF:446KB)

2ページ目「ほんわかエピソード」(PDF:544KB)

3ページ目「その子イイトコロを受けとめよう」(PDF:595KB)

4ページ目「先輩ママのエピソード」(PDF:736KB)

5ページ目「ほめる時は丁寧に!しかる時は深呼吸!」(PDF:379KB)

6ページ目「先輩ママの経験談」(PDF:651KB)

7ページ目「言葉のキャッチボールのコツ」(PDF:686KB)

8ページ目「先輩ママからのアドバイス」(PDF:521KB)

9ページ目「体のことを言われると心が痛みます」(PDF:573KB)

10ページ目「先輩ママたちの子育ち親育ち体験談」(PDF:607KB)

11ページ目「携帯電話持たせる?持たせない?」(PDF:733KB)

12ページ目「青少年の携帯電話の所有率及び所有機種」(PDF:573KB)

13ページ目「いじめや不登校・・・どう向き合うか」(PDF:595KB)

14ページ目「不登校のクラスメイト」「思春期における親の心構えは」(PDF:852KB)

15ページ目「性教育や恋愛の話」(PDF:793KB)

16ページ目「どのいのちも一生懸命に生まれてきたいのち」(PDF:689KB)

17ページ目「つぶやきひろば」1(PDF:901KB)

18ページ目「つぶやきひろば」2(PDF:823KB)

19ページ目「私たちのリフレッシュ方法&コミュニケーション方法」(PDF:911KB)

20ページ目「教育委員会の取組み1」(PDF:530KB)

21ページ目「教育委員会の取組み2」(PDF:465KB)

22ページ目「教育委員会の取組み3」(PDF:440KB)

23ページ目「教育委員会のホームページ」「相談先等一覧」(PDF:463KB)

24ページ目「文部科学省のホームページ紹介」(PDF:462KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会生涯学習部生涯学習推進課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目15 STV北2条ビル4階

電話番号:011-211-3872

ファクス番号:011-211-3873