ここから本文です。

更新日:2021年6月16日

小野幌青少年キャンプ場

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、令和3年度の利用条件等が異なっております。詳しくは、下記問合せ先までお問い合わせください。

施設紹介(所在地:札幌市厚別区厚別町小野幌1938番5)

 小野幌キャンプ場の写真

 

小野幌キャンプ場は、豊かな自然に恵まれた「道立自然公園野幌森林公園」(開拓の村、北海道博物館、百年記念塔、大沢の池、瑞穂の池等)に隣接するキャンプ場です。

緑の木々に囲まれ、野の草花に包まれ、小鳥たちがさえずりみなさんを迎えてくれることでしょう。

そんな自然の中で、たくさんの友だちと楽しい思い出を作りましょう。

 

◇ご注意ください

小野幌青少年キャンプ場では、クマをはじめとした野生動物による侵入を防止するため、キャンプ場開設期間中、電気柵を周囲に設置しております。

当青少年キャンプ場に設置している電気柵は接触しても大きな怪我に至らないように漏電防止装置等を取り付け、安全管理を徹底しながら使用しております。

電気柵は、クマなどの侵入防止に効果的であることから、法令に基づき安全管理をしながら適切に運営していく所存です。

当青少年キャンプ場を利用される皆さまにおかれましては、以下の点にご注意くださいますようお願いいたします。

【注意】

 電気柵には、近づかないこと

  電気柵には、触れないこと 

利用対象者

  • 青少年を主体とする団体(利用者の半数以上が小学生~高校生)
  • 小中学校及び高等学校

利用条件(以下、全ての条件を満たすことが必要です。)

  • 所定の手続をし、使用許可を受けていること
  • 上記の利用対象者であること
  • 営利、政治、宗教目的の利用ではないこと
  • 保護者または成人の引率者がいること
  • キャンプ場利用上のルールを守ること

利用人数【定員】

日帰り利用:200名

宿泊利用:100名

施設、設備等

施設・設備

屋根付き炊事場(上水道、調理台)、野外炉場、簡易水洗トイレ、キャンプファイヤー広場(集会広場)

※ごみは全てお持ち帰りください。

貸出物品(無料)

かまど物品 なた、ブロック、火ばさみ、スコップ等
調理物品 飯ごう(4合炊き)、鍋、ざる、ボール、包丁、まな板、おたま等
掃除用具 ほうき、バケツ、雑巾

※食材、食器、布巾、スポンジ、手拭、軍手、ごみ袋、新聞紙は各自御持参ください。

利用者負担金

利用形態 負担金 含まれるもの
日帰り利用 200円 薪、水道、トイレ、洗浄用クレンザー
宿泊利用 (消耗品代) 300円 薪、水道、トイレ、洗浄用クレンザー
  (貸出寝袋) 220円 寝袋・インナーシーツ、毛布

問い合わせ先

公益社団法人札幌市子ども会育成連合会本部事務局
〒060-0051
札幌市中央区南1条東2丁目大通バスセンター2号館2階
電話011-211-3015(平日9時00分から17時00分まで)

このページについてのお問い合わせ

札幌市子ども未来局子ども育成部子どもの権利推進課

〒060-0051 札幌市中央区南1条東1丁目5 大通バスセンタービル1号館3階

電話番号:011-211-2942

ファクス番号:011-211-2943