ここから本文です。

更新日:2015年1月20日

家庭ごみの分け方・出し方

ごみ出しルール

排出ルールを守りましょう

  • ごみは、分別区分ごとにきちんと分けましょう。
  • ごみの分け方については、ごみ分けガイドごみ分別辞典をご覧ください。
  • 住んでいる地区の決められた収集日当日の朝、8時30分までにごみステーションへ出しましょう。前日の夜や収集後に出してはいけません。
    ごみ収集日については、ごみ収集日カレンダーをご覧ください。
  • 自ら管理に携わっているごみステーションに出しましょう。他のごみステーションに出すのはルール違反です。
  • 「分別がされていない」、「収集日が違う」などごみ出しルールが守られていないものには、違反シールを張り、ごみステーションにおいていきます。
  • 自分の出したものに違反シールが張られていたら、一度持ち帰り、正しく分別し、正しい収集日に出しなおしましょう。
  • 排出ルールが守られていないごみ(散乱ごみは除く)については、ボランティア袋を使用しないでください。
  • ごみ出しルールが守られていないものについては、ごみステーションパトロールを行っている「さっぽろごみパト隊」が調査・指導を行います。 ※ごみパト隊へのお問合わせは、区を担当する清掃事務所

 

ごみステーションはみんなで管理しましょう

  • ネットやカラスよけサークルなどの管理器材を有効活用し、ごみの飛散防止に努めましょう。
  • ごみステーションの清掃や除雪、管理器材の整理は、利用する皆さんが協力して行いましょう。

さっぽろごみパト隊

  • 地域が抱えるごみステーションに関するさまざまな問題・課題について、地域の皆さんと一緒になって解決に向けた取り組みを行うことを目的として、平成20年10月に設置されました。
  • 冊子「これで解決!ごみステーション問題」(札幌市ごみパト隊ガイド)では、ごみパト隊の活動内容や改善事例をご紹介しています。

 【これで解決!ごみステーション問題(札幌市ごみパト隊ガイド)】

 これで解決!ごみステーション問題1.(表紙、P1~P7)(PDF:4,298KB)

 これで解決!ごみステーション問題2.(P8~P16)(PDF:2,197KB)

 これで解決!ごみステーション問題3.(P17~P24)(PDF:3,234KB)

 

 

家庭から出る医療系ビニールバッグの収集区分の変更(平成26年4月から)

家庭から出る在宅医療廃棄物のうち、医療系ビニールバッグ類、チューブ類、注射筒、ガーゼ類などの鋭利でないものは、「燃やせるごみ」として収集していましたが、このうち、CAPDバッグや点滴バッグといった容器包装リサイクル法の対象となる医療系ビニールバッグについては、感染の留意が不要であることが確認できたため、平成26年4月1日より、「燃やせるごみ」から「容器包装プラスチック」に収集区分を変更し、更なるリサイクルの推進を図ることとしました。

家庭から出る医療系ビニールバッグの分別の仕方のページへ

 

資源とごみの分け方・出し方

有料で収集するもの
燃やせるごみ 週2回 指定ごみ袋に入れて「燃やせるごみ」の日にごみステーションへ
  • 台所のごみ
  • 食用油
  • 製品プラスチック
  • 汚れた紙
  • 衣類・布類
  • 皮革・ゴム・ビニール製品
  • 木製品・材木類
  • 炭、乾燥剤、保冷剤、使い捨てカイロなど、
※各家庭から出る庭木の剪定枝、刈芝、草花、落ち葉などは、「枝・葉・草」の収集期間外(12月~4月)や都合により「枝・葉・草」に排出できない場合のみ収集。
燃やせないごみ 4週1回 指定ごみ袋に入れて「燃やせないごみ」の日にごみステーションへ
  • 塗料缶の容器など「容器包装プラスチック」「びん・缶・ペットボトル」で収集しない容器
  • 小型家電製品(テレビやパソコンなど市で収集しないものは除く)
  • 金属製品
  • ブロック、レンガ
  • ガラス、せともの、蛍光管(厚紙などで包み、指定ごみ袋に「キケン」と表示して)
  • ライター(ガスなどを出し切って)
大型ごみ 週1回
(事前申込制)
  • 家具、寝具、建具
  • 家電製品、ストーブ
  • 子供用遊具、自転車
  • スポーツ・レジャー用品、楽器
  • 木の枝(長さが50センチメートルを超え2メートル以下のもの)など
申し込みは大型ごみ収集センター(電話番号:011-281-8153、受付:9時~16時30分)へ
事前に大型ごみ収集センターに電話で申し込み、お知らせした処理手数料分の大型ごみ処理手数料シールをごみに張った上、打ち合わせた場所(建物の玄関前など)に、「大型ごみ」の日に出してください(収集時の立ち会いは不要です)。
無料で収集するもの
びん・缶・ペットボトル 週1回
  • 空きびん
  • 空き缶
  • ペットボトル
    ペットマークの付いた容器
    プラスチック製のラベルははがして「容器包装プラスチック」へ
中身が残っていたり、汚れが付着している場合は、水で軽くすすいでから
プラスチック製のふたは「容器包装プラスチック」、アルミボトルのふたははずして「びん・缶・ペットボトル」、これ以外のふたは「燃やせないごみ」へ
容器包装プラスチック 週1回

透明または半透明の袋に入れてそれぞれの収集日にごみステーションに出してください。

 

  • プラマークの付いた容器や包装
  • パック、カップ類
  • プラスチック製ボトル類
  • ネット類
  • チューブ類
  • トレイ類
  • ポリ袋、ラップ類
  • プラスチック製のふた・ラベル
  • 緩衝材、発泡スチロール
中身が残っていたり、汚れが付着している場合は、水で軽くすすいで
雑がみ 2週に1回
  • 紙箱類、紙缶・紙カップ類
  • 台紙類、カレンダー、レシート
  • 包装紙類、紙袋類
  • はがき、手紙、封筒、写真
  • トイレットペーパーの芯
  • シュレッダーなどで裁断した紙

水ですすいでも汚れが落ちないものは「燃やせるごみ」へ
※新聞・雑誌・ダンボールは集団資源回収回収拠点へ出してください。やむを得ず出せない場合は、有料の指定ごみ袋に入れて「燃やせるごみ」の日に出すことができます。

枝・葉・草 4週に1回
5月~12月中旬の間(地区により異なります)
枝は、長さ50cm以下のものを1mくらいのひもで縛って、草・葉は、透明または半透明の袋に入れて、ごみステーションに出してください。
  • 刈芝、草花、落ち葉
  • 庭木の剪定枝(長さ50センチメートル以下のものを長さ1メートルくらいのひもで縛って)
スプレー缶・カセットボンベ 4週に1回 透明または半透明の袋に入れて「燃やせないごみ」の日に他の燃やせないごみとは別にごみステーションに出してください。
  • 整髪料
  • 殺虫剤
  • 卓上ガスボンベなど
中身を使い切り、屋外など風通しがよく、火気のない場所で穴をあけて
筒型乾電池 4週に1回 透明または半透明の袋に入れて「燃やせないごみ」の日に他の燃やせないごみとは別にごみステーションに出してください。
  • 筒型乾電池

※小型充電式電池やボタン電池は最寄の販売店・協力店の回収箱へ

 協力店等、詳しくは下記をご覧ください。

  充電式電池:一般社団法人 JBRC

 ボタン式電池:一般社団法人 電池工業会

※リチウムコイン電池(型式記号CR、BR)はセロハンテープなどでくる

んで、「燃やせないごみ」(有料)へ

その他

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境事業部業務課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎13階

電話番号:011-211-2916  内線:2916

ファクス番号:011-218-2105