ここから本文です。

更新日:2018年9月5日

集団資源回収

みんなで集めよう集団資源回収!

集団資源回収とは、新聞や雑誌、ダンボールなどの資源を町内会やPTAなどが自主的に、地域のみなさんと話し合い、一定のルールで集めて回収業者に引き渡す活動です。
札幌市では、ごみ減量と資源の有効利用を進めるため、集団資源回収を行っている団体に「奨励金」を交付しています。

集団資源回収実施団体を調べる

お住まいの区と町名を入力することで、お住まいの地域で行われている集団資源回収実施団体を検索することができます。

マンション管理組合等で行っている集団資源回収の実施状況は、このページに掲載しているPDFファイルの一覧からお探しください。

  • 集団資源回収の実施団体が札幌市に報告している回収日、回収場所、品目、回収業者名を掲載しています。
  • 町内会未加入の方や実施団体の学校にお子さまが通っていない方も、それぞれの団体の集団資源回収にご参加いただけます。

ページの先頭へ戻る

集団資源回収実施団体に登録する・登録内容を変更する

集団資源回収実施団体として札幌市から奨励金の交付を受けるためには、実施団体としてご登録をいただき、市に登録された回収業者に資源を引き渡す必要があります。

集団資源回収実施団体の登録方法や、登録内容の変更がある場合は以下のページをご覧ください。また、奨励金の詳細は以下をご確認ください。

集団資源回収実施団体に登録するには
(集団資源回収奨励金の交付を受けるには)

実施団体の登録方法や奨励金交付までの流れはこちらのページをご確認ください。

実施団体登録の内容(代表者等)に変更があるときはこちらの届出書をご提出ください。

奨励金制度とは

札幌市に集団資源回収実施団体として登録をしている町内会やPTAなどの地域住民団体に対し、資源の回収量1kgにつき3円の奨励金を交付するものです。

また、平成27年以降の回収分から、平成26年と比較して回収量が増加した団体に、現行の奨励金に加えて、加算金を上乗せして交付します。

奨励金交付対象と金額

対象団体

奨励金の交付対象となる団体は、町内会、自治会、子供会、老人クラブ、PTA、管理組合およびその他の住民団体(主として営利を目的とする団体は除く。)です。

奨励金額

対象品目の回収量1kgにつき3円を交付します。
※ただし、100円未満は切り捨てし、1団体の奨励金の額は年に90万円を上限とします。

加算金

平成26年分と比較して回収量が増加した団体に対し、以下のとおり加算金を交付しています。

  1. 全体回収量が増加した実施団体⇒増加量部分1kgにつき3円を交付
  2. びん・金属・布の3種類の回収量合計が増加した実施団体⇒増加量部分1kgにつき7円を交付

※上記に該当すれば、どちらか片方または両方が交付されます。
※詳しくは、下記の案内通知をご覧ください。

「集団資源回収の制度が変わります!」(PDF:575KB)

集団資源回収実施業者に登録する・登録内容を変更する

集団資源回収実施業者として登録を希望される場合、または登録申請内容に変更がある場合は、以下のページをご覧いただき、必要書類をご提出ください。

ページの先頭へ戻る

集団資源回収の対象品目

  • 奨励金の交付対象となる品目は、家庭生活の中から生じたもので、紙類・びん類・金属類・布類の4品目です。
  • アルミ缶、スチール缶は奨励金の対象にはなりませんが、集めている回収業者もいます。
  • 回収業者によって回収品目が異なります。必ず確認してから出しましょう。

紙類

紙類

品目ごとに「ひも」で縛る

<対象となるもの>

  • 新聞(チラシ・コピー用紙含む)
  • 雑誌(週刊誌・一般書籍・ノート・カタログ・パンフレット含む。紙以外の表紙や付属のCDは取り除く)
  • ダンボール(たたんで宅配便の送り状や紙以外のものは取り除く)
  • 紙パック(中を洗って乾かし、切り開く)

<対象とならないもの>

感熱紙、油紙、加工紙、カーボン紙など

びん類

びん類

<対象となるもの>

  • 一升びん
  • ビールびんなどのリターナブルびん(キャップを外して)

<対象とならないもの>

使い捨てのびん、油びん、化粧品びんなど

金属類

金属類

<対象となるもの>

  • 鉄・銅製の鍋
  • アルミニウム(サッシや車のホイールなど)

<対象とならないもの>

家電製品、アルミ缶、スチール缶など

布類

布類

<対象となるもの>

  • シーツ
  • タオル
  • 下着など薄手の布類(綿50%以上)

<対象とならないもの>

化繊製品、布団、マットレスなど

事業所から出される資源について

  • 商店や会社から出たダンボールなど、事業所から出される資源は奨励金の対象となりませんので、集団資源回収では扱わないでください。
  • 通常、これらの資源の回収は有料(事業所が処理料を支払っている)となっていますので、集団資源回収で扱うと回収業者の負担ともなります。

ページの先頭へ戻る

案内用チラシのダウンロード

集団資源回収を、町内会などの実施団体会員の皆様へご案内するための文書例を掲載していますので、各団体様の状況に合わせて変更のうえ、ご活用ください。(ワード版とPDF版は同じ内容です。)

ページの先頭へ戻る

札幌市集団資源回収奨励金交付要綱

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境事業部ごみ減量推進担当課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2928

ファクス番号:011-218-5108