ホーム > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > 家庭から出るごみ > 家庭ごみの出し方 > 家庭ごみの自己搬入(自分で市の処理施設にごみを持ち込む場合)

ここから本文です。

更新日:2019年1月4日

家庭ごみの自己搬入(自分で市の処理施設にごみを持ち込む場合)

札幌市内の自宅で発生した家庭ごみは、ごみステーションに出すだけではなく、自ら市の処理施設へ直接持ち込むことができます。

家庭ごみと事業ごみでは、持ち込めるごみの種類が異なります。事業ごみの場合は、事業ごみの自己搬入をご覧ください。

ページ内リンク

家庭ごみの処理施設区分

家庭から出るごみの持込み先

 

家庭から出る大型のごみ寸法
品名 最大寸法 備考
タンス・ベッドなどの箱もの 縦2m×横2m×高さ2m 各辺の最大寸法
樹木・木材、丸太など 長さ2m×直径20cm 直径は、最大値

各処理施設へ持込めるもの(一例)

  • 清掃工場(50cm以下の燃やせるごみ)
    生ごみ、プラスチック製または、木製の台所用品、くつ、カバン、プラスチック製または、木製のお風呂用品、ビデオテープ、コンパクトディスク(CD)、革製品、ゴム製品、紙製品、プラスチック製または、木製のおもちゃなど
  • 破砕工場(燃やせないごみと50cmを超え2m以下の燃やせるごみ、2m以下の大型ごみ)
    ふとん、家具(タンス、ベッド、ソファ、テーブル、鏡台、カラーボックス)、プラスチック製または、木製の衣装ケース、スキー用品、ゴルフ用品、自転車、金属製の台所用品、ガスレンジ、掃除機、ストーブ、楽器、こども用遊具、電動工具など
  • 埋立処理場(1.5m以下のガラス、せともの、石、コンクリート類)
    ガラス、陶器製の食器、土鍋、つけもの石、コンクリートブロックなど

資源物の無料持ち込み先

  • 平成25年10月1日より小型家電は、拠点回収を行っております。詳しくは、「小型家電リサイクル」のページをご覧ください。
  • 「びん・缶・ペットボトル」や「容器包装プラスチック」、「雑がみ」、「枝葉草」などの資源物は、「地区リサイクルセンター」に無料で持ち込むことができます。詳しくは、地区リサイクルセンターのページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

 市の処理施設

電話のおかけ間違いが多くなっております。お問い合わせの際は、電話番号をよくお確かめのうえ、お掛け間違いのないようお願いいたします。

清掃工場(燃やせるごみを焼却する工場)

清掃工場

施設名

所在地

案内地図

電話番号

発寒清掃工場

札幌市西区発寒15条14丁目 地図へのリンク 011-667-5311
駒岡清掃工場 札幌市南区真駒内602番地 地図へのリンク 011-582-9733
白石清掃工場 札幌市白石区東米里2170番地 地図へのリンク 011-876-1710
  • 受け入れ時間:月曜日から土曜日(祝日を含む)9時00分~16時00分
  • 休業日:日曜、1月1日~3日、定期整備に伴う受入停止期間
  • 燃やせるごみは、最大の辺を50cm以下にして搬入して下さい。
  • 樹木・木材などは、径を20cm以下にして下さい。

破砕工場(燃やせないごみや大型ごみを砕く工場)

破砕工場

施設名

所在地

案内地図

電話番号

発寒破砕工場

札幌市西区発寒15条14丁目 地図へのリンク 011-667-5311
篠路破砕工場 札幌市北区篠路町福移153番地 地図へのリンク 011-791-2516
駒岡破砕工場 札幌市南区真駒内602番地 地図へのリンク 011-582-9733
  • 受け入れ時間:月曜日から土曜日(祝日を含む)9時00分~16時00分
  • 休業日:日曜日、1月1日~3日、定期整備に伴う受入停止期間
  • 燃やせないごみについてはガラス・せともの・石・コンクリート類以外
  • 樹木・木材、丸太などは、最大の長さを2m以下に、径を20cm以下にしてください。

埋立処理場(ガラス・せともの・石・コンクリートなどを埋め立てる処理場)

埋立処理場

施設名

所在地

案内地図

電話番号

山口処理場 札幌市手稲区手稲山口364 地図へのリンク(PDF:72KB) 011-681-3337
  • 受け入れ時間:月曜日から金曜日(祝日を含む)9時00分~16時00分
  • 休業日:土曜日、日曜日、1月1日~3日
  • 燃やせないごみは、最大の辺又は径を1.5m以下にして搬入してください。

ごみ資源化工場(良質な木くずと紙くずなどで固形燃料を作る工場)

ごみ資源化工場

施設名

所在地

案内地図

電話番号

ごみ資源化工場 札幌市北区篠路町福移153番地 地図へのリンク 011-791-6770
  • 受け入れ時間:月曜日から土曜日(祝日を含む)8時00分~17時00分
  • 休業日:日曜日、1月1日~3日
  • 木くずは、最大の辺を2m、径を20cm以下にして搬入してください。

ページの先頭へ戻る

定期整備に伴うごみの受入停止期間

受入停止期間

施設名

ごみ受入停止期間(予定)

駒岡清掃工場

駒岡破砕工場

平成30年5月1日(火曜日)から平成30年5月29日(火曜日)

発寒清掃工場

発寒破砕工場

平成30年6月2日(土曜日)から平成30年7月3日(火曜日)

白石清掃工場

平成30年8月7日(火曜日)から平成30年9月25日(火曜日)
篠路破砕工場 平成30年9月1日(土曜日)から平成30年9月25日(火曜日)
  • ごみ受入停止期間中は、他の工場で受け入れますので、皆様のご理解とご協力をお願いします。
  • ごみ受入停止期間は、清掃工場の運転管理上、予告なく変更することもありますので、ご了承下さい。

 処理手数料

  • 埋立処理場・清掃工場・破砕工場・ごみ資源化工場の処理手数料等は下表のとおりです。(10kg未満の端数は切り上げ)
  • 手数料等は各施設で計量後、現金でお支払いください。
一般廃棄物処理手数料

手数料の種類

取扱区分

焼却手数料 清掃工場・破砕工場 200円/10kg
焼却手数料 ごみ資源化工場 130円/10kg
埋立手数料 埋立処理場 200円/10kg

※札幌市廃棄物の減量及び処理に関する条例第46条(一般廃棄物処理手数料)

 搬入時の注意事項

  • 清掃工場や破砕工場、埋立処理場内には、まれにガラスや釘などが散乱している事があります。施設内にサンダルなどの底の薄い履物で立ち入る事は大変危険ですので、軽装での立ち入りは、ご遠慮願います。
  • 埋立処理場の夏場は、乾燥により砂塵が舞うことがあります。できるだけマスクの用意をお願いします。
  • 場内では他の自動車も通行していることから、安全のため自動車による搬入にご協力ください。
  • 処理施設では、適正処理のため搬入指導員による搬入物の検査を行っております。搬入不適物については、持ち帰りをしていただいておりますので、ご協力をお願いいたします。
  • 自己搬入は、ごみの重量に応じて、処理施設で処理手数料(現金)を支払って頂きます。ごみステーションに出すための指定ごみ袋を使用しても、料金はそのまま徴収いたしますのでご注意ください。
  • 搬入したごみは、ご自分で降ろしていただきますので、「燃やせるごみ」・「大型ごみ」・「燃やせないごみ」に分けて、降ろしやすい荷姿にすることをお勧めいたします。
  • 持ち込むごみの種類によって上記例のとおり搬入先が違いますので、不明な場合は、施設管理課(電話:011-211-2922)へご確認ください。
  • ごみ搬入申込書は、各処理施設の計量所で入場の際に記入していただきますが、ごみ搬入申込書のダウンロードサイトより事前にダウンロードしてご用意いただくこともできます。
  • ごみ搬入申込書は平成30年4月に改定しました。最新版をご使用ください。
  • 事前に予約の必要はありませんので、各施設の受入れ時間内に持ち込んで下さい。混み合う場合がありますので、時間に余裕をもってお越しください。
  • 火災の防止のため、燃料や電池などは必ず抜き取ってください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境事業部施設管理課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎13階

電話番号:011-211-2922

ファクス番号:011-218-5105