ここから本文です。

更新日:2017年1月19日

市が収集しないごみ

排出禁止物

品目 排出方法
ブラウン管式・液晶式・プラズマ式テレビ
冷蔵庫・冷凍庫
洗濯機・衣類乾燥機
エアコン
パソコン
小型充電式電池

リサイクル協力店のリサイクルボックス

ボタン電池
タイヤ・バッテリー
  • タイヤについては、廃タイヤ取扱い協力指定店(下記表示のあるタイヤ販売店、ガソリンスタンドなど)へ出してください。

廃タイヤ指定店のステッカー

  • バッテリーについては、リサイクル回収を実施しているカー用品店・ガソリンスタンドなどへ出してください。
プロパンガスボンベ
  • 北海道LPガス協会石狩支部(電話:011-812-6414)
    ※引取る販売店を紹介してくれます。
注射針
  • かかりつけの病院などへお持ちください。
消火器

・(株)消火器リサイクル推進センター(http://www.ferpc.jp/recycle/use/index.html又は電話03-5829-6773)にて廃棄方法及び引取り場所を紹介してくれます。
・(一社)北海道消防設備協会(電話:011-205-5951)にて引取り場所を紹介してくれます。

※消火器の廃棄処分は、有料となります。

オートバイ 販売店または二輪車リサイクルコールセンター(電話:050-3000-0727)へご相談ください。
ホームタンク・ドラム缶
  • 販売店や専門の取扱業者へご相談ください。
自動車
廃油や塗料の入っている容器
ピアノ
農薬などの化学薬品
家庭用耐火金庫

 

※これらのごみは市では収集処理できません。販売店や専門の業者に相談してください。

  • 原則として、ご自分で引き取り先まで運んでいただきます。
  • 有料のものがあります。

一時多量ごみ

  • 一般家庭から出る引越しごみなど一時的な多量ごみを一度に処理する場合は、自分で処理施設に運ぶか、(財)札幌市環境事業公社に依頼してください。(いずれの場合も有料)

【財団法人札幌市環境事業公社】

電話番号:011-219-5353

ホームページ:http://www.kankyou-sapporo.jp/project/project04/homes

 

  • 大型ごみだけを市の収集日に合わせて排出する場合は、市で有料収集します。

店舗・事業所など事業活動に伴って出るごみ

このようなごみは、市が許可した収集運搬許可業者と契約するなど、事業者の責任で適正に処理しなければなりません。
⇒詳しくは事業所から発生するごみをご覧ください。

請負工事から出たごみ

請負工事から出たごみは、工事を請け負った業者の責任において適正に処理しなければなりません。
⇒詳しくは事業所から発生するごみをご覧ください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境事業部業務課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎13階

電話番号:011-211-2916 

ファクス番号:011-218-5105