ここから本文です。

更新日:2019年5月8日

古布の無料回収

綿(めん)50パーセント以上の薄手の布類(シーツ、タオル、シャツなど)を無料回収し、ウエス(工業用ぞうきん)としてリサイクルしています。

目次

  1. 回収対象について
  2. 回収方法
  3. 古布のリサイクルについて

 

 

古布

 

 回収対象について

ご家庭で不用となった、綿(めん)50パーセント以上の薄手の布類が対象です。

古布回収対象の具体例(※綿(めん)50パーセント以上に限ります

布類

布類

  • タオル
  • バスタオル
  • タオルケット
  • ハンカチ
  • 手ぬぐい
  • シーツ
  • カーテン

シャツ

衣類

  • シャツ(インナー、肌着類)
  • Tシャツ
  • ワイシャツ、ブラウス
  • トレーナー、スウェット

※ボタン、ファスナーは付いたままで可

まだ使える衣類を大切に

【古着の無料回収】

古布回収で対象となる衣類のうち、シャツ(インナー・肌着類)以外は、衣類としてリユース(再利用)する「古着の無料回収」もあります。ぜひ、ご検討ください。

以下のものは対象外です

【古布回収の対象外の例】

 

  • 布団、マットレス、毛布
  • 毛織製品、化繊製品
  • スーツ、コート、帽子、手袋、靴下
  • キルティングなど中にわたが入っているもの
  • 着物
  • ジーンズ、ジーンズ素材
  • じゅうたん
  • 綿50%以上であっても、小さすぎる端切れ(ハンカチより小さいもの)

 

  • 毛布は、一重の毛布のみ、地区リサイクルセンターで受け入れています。詳しくは、「地区リサイクルセンター」のページでご確認ください。
  • 対象外となるもののうち、まだ着ることのできる衣類(下着類等を除く)については、「古着の無料回収」に出すことができる場合があります。対象・お持込先など詳しくは、「古着の無料回収」のページをご覧ください。
  • ごみとして処分する場合は、大きさに応じて、「燃やせるごみ」または「大型ごみ」に出してください。

ページの先頭へ戻る

 回収方法

回収方法は以下のとおりです。中身の見える袋に入れて出してください

方法1
  • 集団資源回収で出す

お住まいの地域で行われている集団資源回収が、「布類」を回収している場合のみご利用いただけます。回収しているかどうかは、集団資源回収のページからご確認ください。

方法2
  • 地区リサイクルセンターに持ち込む

所在地・利用時間については、地区リサイクルセンターのページからご確認ください。

方法3
住所 札幌市西区宮の沢1条1丁目1-10ちえりあ1階
連絡先 011-671-4153(※持ち込みにあたっての事前連絡は不要
利用時間 10時~18時
受入できない日 月曜日・年末年始(12月29日~1月3日)月曜日が祝日の場合は翌平日が休館日です。

ページの先頭へ戻る

 古布のリサイクルについて

回収された古布は、ウエス製造業者により、工業用ぞうきんとなります。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境事業部循環型社会推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2928

ファクス番号:011-218-5108