ホーム > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > 家庭から出るごみ > 家庭ごみの出し方 > 排出ルール等に関するお知らせ > 「筒型乾電池」と「加熱式たばこ・電子たばこ」の出し方が変わりました(令和3年10月から)

ここから本文です。

更新日:2021年10月25日

「筒型乾電池」と「加熱式たばこ・電子たばこ」の出し方が変わりました(令和3年10月から)

筒型乾電池の適正排出の促進やリサイクル工場などでの火災事故の防止のため、令和3年10月1日から「筒型乾電池」と「加熱式たばこ・電子たばこ」の排出ルールを変更しました。

排出ルール変更実施日

令和3年10月1日

筒型乾電池の出し方の変更点

筒型乾電池の出し方の変更

項目 変更前 変更後
出す日 燃やせないごみの日(4週に1回) びん・缶・ペットボトルの日(週1回)
出し方 燃やせないごみとは別の透明または半透明の袋に入れて、ごみステーションに出す びん・缶・ペットボトルの袋とは別の透明または半透明の袋に入れて、ごみステーションに出す(無料)

注意事項

  • 火災の原因となりますので、びん・缶・ペットボトルと同じ袋に絶対に入れないでください
  • 電極をセロハンテープなどで絶縁して出してください
  • 筒型乾電池以外のコイン電池、ボタン電池、充電式電池(ニカド電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池)を入れないでください

筒型乾電池以外の電池の出し方

いずれの電池も電極をセロハンテープなどで絶縁して出してください。

電池の種類 出し方

コイン電池
(型式番号:CR、BR)

コイン電池

燃やせないごみの日に指定ごみ袋に入れて、ごみステーションに出してください(有料)

ボタン電池
(型式番号:SR、LR、PR)

ボタン電池

最寄りのボタン電池回収協力店の回収缶に入れてください。

最寄りの回収協力店は一般社団法人電池工業会ホームページでお調べいただけます。

※ごみステーションに出せません

小型充電式電池

モバイルバッテリー

小型充電式電池・モバイルバッテリー

最寄りのJBRC回収協力店の回収ボックスに入れてください

最寄りの協力店は一般社団法人JBRCホームページでお調べいただけます。

※ごみステーションに出せません

※回収の対象は以下のリサイクルマークのついたニカド電池ニッケル水素電池リチウムイオン電池モバイルバッテリー本体です。

小型充電式電池リサイクルマーク

ページの先頭へ戻る

加熱式たばこ・電子たばこの出し方の変更点

加熱式たばこ・電子たばこの出し方の変更

項目 変更前 変更後
出す日 燃やせないごみの日(4週に1回)

燃やせないごみの日(4週に1回)

※出す日は変わりません

出し方 指定ごみ袋に入れて、ごみステーションに出す 燃やせないごみとは別の透明または半透明の袋に入れて、ごみステーションに出す(無料)

注意事項

  • 火災の原因となりますので、燃やせないごみと同じ袋(指定ごみ袋)には絶対に入れないでください
  • 中身を使い切ったライターは、加熱式たばこ・電子たばこと同じ袋に入れてかまいません
  • 吸い殻は燃やせるごみの日に指定ごみ袋に入れて出してください

ページの先頭へ戻る

変更後の出し方を動画で見る

ページの先頭へ戻る

周知チラシ

ごみの出し方変更周知チラシA4版(PDF:1,809KB)

各町内会・自治会等に回覧を依頼したA4版のチラシです。裏面には電池の出し方をまとめて掲載しています。

ごみの出し方変更周知チラシA3版表面
(表面)

ごみの出し方変更周知チラシA4版裏面
(裏面)

ごみの出し方変更周知チラシA3版(PDF:3,400KB)

令和3年8月中旬から9月中旬に各家庭に配布する家庭ごみ収集日カレンダーといっしょに配布するチラシ(A3二つ折り)です。A4版の内容のほかに、中面に「資源とごみの分け方・出し方一覧」を掲載しています。

ごみの出し方変更周知チラシA3版表面
(表面)

ごみの出し方変更周知チラシA3版中面
(中面)

ページの先頭へ戻る

変更の理由

筒型乾電池

現在販売されている筒型乾電池には水銀は含まれていませんが、古い筒型乾電池には水銀が含まれているものがあることから、引き続き適切な処理が必要です。また、筒型乾電池に使用されている鉄やマンガン、亜鉛は貴重な資源としてリサイクルすることができます。

そのため、これまでの4週に1回の排出機会を週1回に変更することで、より市民の皆様が排出しやすいよう環境を整え、適切に処理・リサイクルされる筒型乾電池の掘り起こしを図ることとしました。

加熱式たばこ・電子たばこ

加熱式たばこや電子たばこに使用されている「リチウムイオン電池」は、過度な力が加わると激しく発熱・発火する危険があり、全国的にリサイクル工場などでの発火トラブルが増加しています。

特に、誤って「容器包装プラスチック」に出されてしまい処理の工程で発火してしまうと、周囲のプラスチックに引火し、大きな火災事故につながる恐れがあります。

そのため、他のごみと分けて出すように排出ルールを変更することで、市民の皆様の適切な排出を促し、安全な処理を図ることとしました。

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境事業部循環型社会推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2928

ファクス番号:011-218-5108 

札幌市環境局環境事業部循環型社会推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2912 

ファクス番号:011-218-5108

筒型乾電池の出し方の変更に関することは011-211-2928、加熱式たばこ・電子たばこの出し方の変更に関することは011-211-2912にご連絡ください。