ここから本文です。

更新日:2023年8月8日

小規模特認校

小規模特認校制度

1.小規模特認校制度の趣旨と目的

本市の辺縁部に位置し、自然環境に恵まれた小規模の小学校や義務教育学校で、心身の健康増進を図り、体力づくりを目指すとともに、自然にふれる中で、豊かな人間性を培いたいという保護者の希望がある場合に、一定の条件のもとで、これを認めるものです。

2.特認入学の考え方

小規模校に対する入学は、保護者が上記の趣旨と目的に従い、真に小規模校の有する特色の中で児童・生徒に教育を受けさせたいという場合にのみ特別に認められるものであって、本来就学すべき学校の変更を目的に認めるものではありません。

また、特認入学は、通学や生活指導上の条件などが付された札幌市教育委員会が指定する学校に限られます。

なお、義務教育学校を除き、小規模特認校に入学した場合でも、原則、住所地の通学区域の中学校へ入学することになります。

3.対象となる学校と定員

児童・生徒数の現状、学校を取り巻く四季の自然環境や交通事情などの地理的状況を考慮し、次の4校を対象とします。

小規模特認校一覧

学校名

所在

学年定員

電話番号

盤渓小学校

札幌市中央区盤渓226-4

20人

011-642-3223

有明小学校

札幌市清田区有明141-2

18人

011-881-2949

駒岡小学校

札幌市南区真駒内143-2

20人

011-584-6533

義務教育学校福移学園

札幌市東区中沼町240

20人

011-791-4212

入学の条件

1.保護者の申請

特認入学を希望する場合、入学が適当かどうか、制度の趣旨に沿ったものであるかどうかなどを面談のうえ判断します。保護者は必ず児童・生徒同伴のうえ、希望先の学校に次の書類を提出してください。

  • 教育委員会への「指定変更願」の申請書(学校にあります。)

2.通学上の条件

  • 自宅から学校までの片道の通学時間は、小学校低学年(1年生~3年生)はおおむね40分、高学年(4年生~6年生)はおおむね60分以内とします。また、義務教育学校福移学園の7年生以上については、通学可能な範囲とします。
  • 通学時間には、バス・地下鉄などの公共交通機関を利用して通学する場合の所要時間および徒歩による乗り継ぎに要する時間を含みます。また、時間には、通勤・通学のラッシュ時や積雪寒冷期も考慮してください。
  • 保護者の送り迎えは、原則として禁止します。

3.保護者の協力

児童・生徒が正規の通学区域を超えて通学することから、登下校時における安全の確保・生徒指導などに対する配慮が特に必要です。したがって、保護者はこれらを正しく理解するとともに、学校の指導体制についての協力が必要となります。

4.短期間の転入学および生活指導上の条件

特認入学の期間は1年以上の通年通学の場合に限るものとし、夏季間または冬季間など、一定の学期に限定した短期間の転入学は認めません。

また、保護者から児童・生徒が離れ、同一生計を維持しない、単独による転入学は認められません。

5.特認入学の取消し

特認入学を許可した後において、申請の事実と異なり、または特認入学の趣旨・目的に添わない事由が生じ支障があると認められるときは、特認入学を取り消すことがあります。

応募要領

1.募集期間

毎年1月上旬から中旬まで(1月10日~20日ころ)とし、具体的な日程は、「広報さっぽろ(8月号)」でお知らせします。なお、年度途中での転入学も認めていますので、お問い合わせください。

2.申込み先

希望する特認校へ事前に電話連絡のうえ、児童・生徒同伴による見学後、直接お申し込みください。

入学決定の配慮事項

入学希望者が定員を超えた場合は、公開抽選とします。ただし、在校生との兄弟関係は配慮します。

見学

希望する特認校に電話連絡し、見学の日程などをご相談ください。

問合せ先

入学、転入学を希望する学校へ直接お問い合わせください。

特認校のしおり

下のリンクから「特認校のしおり」をご覧いただけます。

「特認校のしおり」(PDF:1,886KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会学校教育部学びの支援担当課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目15 STV北2条ビル3階

電話番号:011-211-3821

ファクス番号:011-211-3852