ここから本文です。

更新日:2021年9月1日

新型コロナウイルス感染拡大防止の取組

埋蔵文化財センターは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に必要な措置を講じた上で開館いたします。ご来館の皆様には、ご迷惑・ご不便をおかけいたしますが、ご理解・ご協力をお願いいたします。

来館される方へのお願い

来館される皆さまに、次の事項についてご協力をお願いいたします。

○ 来館される前に体温を測定し、発熱があった場合は、来館をお控えください

○ 次のいずれかにひとつでも該当する場合は、入館をお控えください
  ・高熱等の強い症状のある方
  ・咳(せき)、咽頭痛(のどの痛み)などの症状※のある方
  ※咳、息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、目の痛みや結膜の    充血、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐
  ・過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴がある方

○ 入口に消毒用アルコールを設置しておりますのでご利用ください。

○ マスクを着用してください。

○ 咳エチケットを守ってください。

○ 感染者が発生した場合、ホームページ等でお知らせいたしますので、ご自身で来館日時を記録願います。

協議等で来館される方へのお願い

○ 事務室への入室は、できるだけお少人数でお願いします。

○ 分布図閲覧、相談、協議は、できるだけ短時間でお願いします。

○ 埋蔵文化財保護に関する書類は、あらかじめご記入のうえ、提出してください(事務室内での書類の記入・作成はご遠慮願います)。 

※ご来館の際は、事務室前に設置されている非接触型自動検温器による体温の確認にご協力をお願いいたします。

展示室見学で来館される方へのお願い

○ 館内では、会話を控えてください

○ 館内では、他のお客様と十分な距離を取ってください。

○ 展示品・展示ケースに触れないでください。

○ 館内での長時間の滞在はご遠慮願います。

※ご来館の際は、展示室入口に設置されている非接触型自動検温器による体温の確認にご協力をお願いいたします。

感染症拡大防止のための展示室利用制限・取り組みについて

展示室に来館される皆さまに安心して観覧いただけるよう、感染症拡大防止に努めてまいりますので、当面の間、ご理解ご協力をたまわりますよう、お願いいたします。

○ 不特定多数の方が触れる体験道具・土器レプリカ・パソコンの利用は当面の間休止いたします。

○ 出入口扉を開放し、定期的な換気を行います。

○ 団体見学・展示解説につきましては、当面の間ご利用・お申し込みを休止させていただきます。

 

なお、今後の状況により、市有施設利用情報に変更がある場合には、あらためてホームページなどでお知らせいたします。

 

このページについてのお問い合わせ

 札幌市埋蔵文化財センター

〒064-0922 札幌市中央区南22条西13丁目1-1

電話番号:011-512-5430

ファクス番号:011-512-5467