ここから本文です。

更新日:2019年7月22日

産前産後免除

国民年金第1号被保険者が出産を行った際に、出産前後の一定期間の国民年金保険料が免除される制度が平成31年4月から始まりました。

免除制度の詳細

届出時期

出産予定日の6か月前から提出可能です。速やかに提出してください。

受付場所

対象者

「国民年金第1号被保険者」で出産日が平成31年2月1日以降の方
(法定免除、申請免除、納付猶予、学生納付特例の承認を受けている方を含みます。)

申請に必要なもの

  • マイナンバーカード(個人番号カード)、年金手帳(基礎年金番号がわかるもの)、運転免許証などの本人確認書類
  • 出産前に届出をする場合
    母子健康手帳などの出産予定日を明らかにすることができる書類
  • 出産後に届出をする場合
    原則不要。(被保険者と子が別世帯の場合や年金事務所に届出する場合は、出生証明書など出産日及び親子関係を確認できる書類が必要です。)

免除期間

出産予定日又は出産日が属する月の前月から4ヶ月間の国民年金保険料が免除されます。
なお、多胎妊娠の場合は、出産予定日又は出産日が属する月の3ヶ月前から6ヶ月間の国民年金保険料が免除されます。
ただし、免除の対象となる期間は平成31年4月からとなります。
※出産とは、妊娠85日(4ヶ月)以上の出産をいいます。
(死産、流産、早産された方を含みます。)

詳細情報(外部サイト)

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保険医療部保険企画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎4階

電話番号:011-211-2944

ファクス番号:011-218-5182