ここから本文です。

更新日:2016年3月29日

さっぽろ・エネルギーの未来

「さっぽろ・エネルギーの未来」とは

  • 「さっぽろ・エネルギーの未来」は、長期的な視点からのエネルギーに対する理解・関心を深め、エネルギーから見た持続可能な社会の実現について考え、行動するきっかけとするため、半世紀先の札幌の可能性を示すものです。
  • エネルギーから見た半世紀先の札幌を描く視点などに、札幌市とまちづくりに関する地域連携協定を締結している北海道大学からいただいた専門的な知見が盛り込まれており、「さっぽろ・エネルギーの未来」は、北海道大学と札幌市の連携の成果をまとめたものでもあります。

ホームページで確認する

さっぽろ・エネルギーの未来表紙

 

「さっぽろ・エネルギーの未来」の概要

エネルギーから見た半世紀先の札幌を描くための視点

エネルギーから見た持続可能な社会を実現するための技術を導入する視点

省エネルギー~エネルギー需要の削減とエネルギーの効率的な利用

  • 建物単位

高断熱・高気密・計画換気と再エネの組み合わせによるネットゼロエネルギー建物の実現

  • 地域単位

コジェネ等を核にしたエネルギーネットワークの構築によるエネルギーの効率的な利用

ネットゼロエネルギービル

再生可能エネルギー~太陽光、風力、地熱、地中熱、雪氷冷熱、バイオマスの利用

  • 再エネ利用技術

再生可能エネルギーの利用に係るコストの低減(太陽光発電のさらなる高効率化など)微細藻類によるバイオマス燃料の実現など、新たな技術開発

  • 再エネ貯蔵技術

蓄電池やコジェネとエネルギーマネジメントシステムの組み合わせによる再エネ導入拡大

風力発電と太陽光発電

水素社会~再生可能エネルギーと水素を組み合わせたシステムの導入

  • 製造・貯蔵・輸送

再エネから水素の製造、有機ハイドライドなどの水素を圧縮して貯蔵・輸送する技術開発

  • 水素利用技術

再エネ由来の水素を、燃料電池による発電や燃料電池自動車の燃料として利用

水素ステーション

エネルギーから見た持続可能な社会にふさわしいライフスタイルに転換する視点

新たな環境技術を導入するメンタリティを持ったスタイルの構築~現在の6分の1の化石燃料での暮らし

エネルギーと暮らしをシェアするライフスタイル~少ないエネルギーでも無理のない暮らし

省エネルギーや再生可能エネルギーへの転換を地域経済へ取り込む視点

北海道の再生可能エネルギーの活用~道内電力消費量の約10倍のポテンシャル

エネルギー関連産業の育成~北海道の気象条件に適したエネルギー関連技術の開発など

再生可能エネルギー導入による収益の地域への還元~地域住民の所得と雇用の創出

エネルギーから見た半世紀先の札幌の未来像

エネルギーから見た半世紀先の札幌のまち

エネルギーから見た半世紀先の札幌のまち

  • 北海道の再生可能エネルギーを最大限に活用しています。
  • 少ないエネルギー消費で快適に暮らしています。
  • スマートなエネルギーネットワークの構築が進んでいます。

エネルギーから見た半世紀先の都市機能の集積地

エネルギーから見た半世紀先の都市機能の集積地

  • エネルギーを効率的に利用する建物が普及しています。
  • 自立分散型エネルギーネットワークが構築されています。

エネルギーから見た半世紀先の住宅地

エネルギーから見た半世紀先の住宅地

  • ネットゼロエネルギー住宅が普及しています。
  • エリア単位でネットゼロエネルギー化が実現しています。

エネルギーから見た半世紀先の札幌のライフスタイル

省エネ型ライフスタイル

省エネ型ライフスタイル

  • 建物の断熱・気密性能の向上により、冬でも、わずかな暖房エネルギーで快適に暮らしているます。
  • 自動的に創エネ、省エネ、蓄エネを最適に制御するエネルギーマネジメントシステムの導入により、特別に意識することなく省エネを実践しています。
  • コミュニティ活動拠点でエネルギーシェアが行われるなど、エネルギーを賢く利用する暮らしが根付いています。
再生可能エネルギーと水素を融合して利用するライフスタイル

再生可能エネルギーと水素を融合して利用するライフスタイル

  • 太陽光発電や燃料電池などで、自らエネルギーを創り出すことに関心を持って暮らしています。
  • 再生可能エネルギー由来の水素を利用するためのインフラが構築され、再生可能エネルギーと水素を積極的に活用しながら暮らしています。
  • 地下蓄熱システムなどによる新しい融雪技術が普及したことにより、自宅玄関前の除排雪から解放されるなど、化石燃料をほとんど使わなくても快適な冬の暮らしが実現しています。
北海道の再生可能エネルギーを積極的に選択するライフスタイル

北海道の再生可能エネルギーを積極的に選択するライフスタイル

  • エネルギーの購入先は、各個人のライフスタイルに合わせて選択できるようになっており、札幌市民は北海道の再生可能エネルギーを積極的に選択しています。
  • 北海道の再生可能エネルギーの開発が進み、それに伴って、札幌にエネルギー分野の企業や研究機関が集積するとともに、多くの市民がそこで働いています。

半世紀先の未来に向けて

「さっぽろ・エネルギーの未来」を、エネルギーから見た持続可能な社会について考え、行動するきっかけとし、エネルギーを利用するすべての市民、事業者、NPO・町内会等の団体、大学をはじめとする教育・研究機関、行政などが、半世紀先の未来向け、今から一体となって取り組んでいくことが重要です。

エネルギービジョン冊子

「さっぽろ・エネルギーの未来」の検討経過

北海道大学と連携した取組

さっぽろエネルギー未来構想の策定にあたっては、平成25年7月10日(水曜日)に「まちづくりに関する地域連携協定」を締結した北海道大学と連携しながら、検討を進めました。

エネルギーから札幌の未来を考えるワークショップ(このイベントは終了しました)

さっぽろエネルギー未来構想の策定にあたり、市民の皆様からご意見を伺うワークショップを平成26年12月7日(日曜日)に開催しました。

※参加者の募集は終了しました

札幌市環境審議会

学識経験者、関係行政機関、公募委員からなる札幌市環境審議会において審議を行いました。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部環境政策課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2872

ファクス番号:011-218-5108