ここから本文です。

更新日:2019年11月19日

交通結節点

円山バスターミナルの街区の活用に関するサウンディング型市場調査

円山バスターミナルは、施設供用開始から40年以上が経過し、徐々に施設が老朽化してきていることに加え、ユニバーサルトイレの未整備等バリアフリーの基準も満たしていないことから、建替えも含めた今後の老朽化対策について、計画的に検討を進めていく必要があります。

円山バスターミナルの老朽化対策に向けた検討を進めるにあたっては、民間の活力、経営能力及び技術的能力の活用、並びに本市の財政負担を軽減させるためにも、官民連携によるPPP/PFIの導入を視野に入れた検討を行う必要があることから、円山バスターミナルの土地の利活用に関する市場ニーズやポテンシャル等を把握するため、「サウンディング型市場調査」を実施いたします。

参考:札幌市PPP/PFI活用方針

サウンディング調査の概要

市有地等の活用検討の前段階で、その活用方法について民間事業者の皆さまから広くご意見・ご提案をいただく「対話」を通して、市場を把握する調査のことです。

実施要領(PDF:438KB)

調査票(エクセル:14KB)

エントリーシート(ワード:21KB)

参加対象

5,000平方メートル以上の開発実績を有する法人又は法人グループ

調査内容

円山バスターミナルの改築更新に関して、各PPP/PFI手法における事業実現性の高い事業手法や想定される事業スキーム等

スケジュール

参加申込み:令和元年11月20日(水曜日)~令和元年12月13日(金曜日)

対話の実施:令和元年12月16日(月曜日)~令和2年1月17日(金曜日)

結果の公表:令和2年3月頃(予定)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市まちづくり政策局総合交通計画部交通計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎5階

電話番号:011-211-2275

ファクス番号:011-218-5114