ホーム > 市政情報 > 男女共同参画 > 性的マイノリティ(LGBT)に関する取組 > 札幌市LGBTフレンドリー指標制度 > 株式会社エヌ・ティ・ティ・ビジネスアソシエ東日本 経理サービス事業部 札幌サービスセンター札幌市LGBTフレンドリー企業

ここから本文です。

更新日:2021年1月4日

株式会社エヌ・ティ・ティ・ビジネスアソシエ東日本 経理サービス事業部 札幌サービスセンタ-札幌市LGBTフレンドリー企業

「札幌市LGBTフレンドリー企業」として登録された「株式会社エヌ・ティ・ティ・ビジネスアソシエ東日本 経理サービス事業部 札幌サービスセンタ 」を紹介します。

 

企業名 株式会社エヌ・ティ・ティ・ビジネスアソシエ東日本 経理サービス事業部 札幌サービスセンタ 
取組内容 ●基本方針
・2018年3月に「同性パートナー等に対する制度適用拡大」に関する周知文書の中で、「性的指向や性自認に関わらず、誰もが自分らしく生き、働ける組織の実現をめざす」と明記し、社内イントラネットで公開。
・社長通達「職場におけるハラスメントの防止について」において、「被害を受けた社員等の性的指向、性自認にかかわらず、『性的な言動』であれば、セクシュアル・ハラスメントに該当」と明記。
●啓発
・2018年度、2019年度の管理者及び従業員向けの企業倫理・人権啓発研修にて、LGBT等性的マイノリティについて学習。
・2019年度、希望者を募り、LGBT当事者を講師に迎えた研修を計3回行い、カミングアウトを受けた際のロールプレイングとグループワーク等の演習を実施。2020年度も同様の内容の研修を実施。
・社内イントラやダイバーシティ関連メルマガにて、LGBT関連の施策実施報告や取組について説明。
●内部体制
・2019年11月よりアライの募集開始。LGBT研修の中でアライ募集を実施。メンバーは缶バッチとシールで見える化を行っている。
・ALLYメンバーに閉じたメーリングリストを運用。
・性的マイノリティに関する相談窓口を設置。
●福利厚生
2016年にライフイベントに関わる一部制度について、社員との関係上社会的に夫婦と同様と認められる同性パートナーを社員と内縁関係(事実上の婚姻関係)にある者と同様に取り扱う等、制度運用の拡充も含め実施。2018年には全雇用区分に関し、配偶者に関わる制度全般について、原則、配偶者と同等の関係にある同性パートナー等にも適用。事前に実施するパートナー登録(届出)はシステム申請とし、上長承認は不要。
●配慮
・2019年7月より、社員がデザインしたLGBT理解促進ポスターを全居室に掲示。
評価

★★★(星3つ)

登録日 令和2年12月21日
企業概要 経理・財務・人事・給与・福利厚生など間接業務に関するアウトソーシングおよびコンサルティングなど
所在地 札幌市豊平区豊平4条12-2-3
ホームページ https://www.nttba-east.co.jp/

このページについてのお問い合わせ

札幌市市民文化局男女共同参画室男女共同参画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎13階

電話番号:011-211-2962

ファクス番号:011-218-5164