ホーム > 教育・文化・スポーツ > 郷土史と文化財 > 文化財 > 札幌市歴史文化のまちづくり推進協議会

ここから本文です。

更新日:2021年9月27日

札幌市歴史文化のまちづくり推進協議会

デジタルアーカイブ用画像(facebook参照)

 

 

札幌市歴史文化のまちづくり推進協議会は、札幌市文化財保存活用地域計画の推進に向け、市内の文化財及び歴史文化を活用し、観光拠点づくりなど地域の活性化に資する取り組みを行い、「文化財の価値を多くの市民が共有し、大切に次の世代へ引き継いでいく、歴史文化の魅力あふれる都市」の形成に寄与することを目的として、札幌市、一般社団法人札幌観光協会、札幌商工会議所を構成団体として令和2年3月26日に設立いたしました。 

 

事業内容

 

 令和2年度は新型コロナウイルス感染拡大の状況を考慮し中止。

令和2年度は新型コロナウイルス感染拡大の状況を考慮し中止。

※各事業の様子は、 協議会のFacebookで紹介しております。https://www.facebook.com/sapporo.rekibun/

れきぶんモニターツアー2021の参加者募集について

札幌の中心街の南にある「中島公園」は現在、市民の憩いの場となっておりますが、開拓使にまつわるスポットがいくつも遺されており、かつては様々な歴史の舞台となりました。

そんなまちの物語(ストーリー)を演劇人が案内するまちあるきツアーを行います。是非ご参加ください。

日程:令和3年10月24日(日)15:00~18:00

案内人:磯貝 圭子 氏

募集人数:20名

参加費:4,500円(料理試食・演出体験代、豊平館入館料、保険料含む)

ツアーに関する問い合わせ・参加申込先(業務受託業者)
株式会社ノーザンクロス 011-232-3661 rekibun@northerncross.co.jp

モニターツアーチラシ(PDF:1,100KB)

 「札幌市歴史文化のまちづくり推進事業」及び「札幌市歴史文化の観光拠点づくり推進事業」企画支援及び実施業務(募集は終了しました)

本協議会では「札幌市歴史文化のまちづくり推進事業」及び「札幌市歴史文化の観光拠点づくり推進事業」企画支援及び実施業務の公募型企画競争を実施します。詳細はこちらをご覧ください。

ご寄付のお願い

札幌市には、地域の中で大切に受け継がれていた「時計台」「北海道庁旧本庁舎(赤レンガ庁舎)」をはじめとする数多くの文化財が存在します。令和2年2月に策定した「札幌市文化財保存活用地域計画」では、これらの文化財を大切に次の世代に引き継ぐために、行政、関係団体、市民等が連携・協働し、社会全体で文化財の保存・活用に取り組むこととしております。

これを受け、協議会では、「歴史文化の魅力あふれる都市」の実現に向け、文化財及び歴史文化を生かしたワークショップ、シンポジウム、モニターツアーなどのさまざまな取り組みを行っています。これらの取り組みにご賛同いただける方は、是非ご寄付をお願いいたします。

ご寄付の方法

札幌市への寄附(ふるさと納税)については、以下のサイトからお願いいたします。
http://www.city.sapporo.jp/somu/kifu/howto/index.html

 寄付時計台

 れきぶんモニターツアー

H30れきぶんフェスパネリスト

札幌市歴史文化のまちづくり推進協議会規約  

札幌市歴史文化のまちづくり推進協議会規約 (PDF:56KB)   

 

 「令和2年度札幌市歴史文化のまちづくり推進事業」企画運営業務の募集(終了しました)

協議会では「令和2年度札幌市歴史文化のまちづくり推進事業」企画運営業務の公募型企画競争を実施します。詳細はこちらをご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市市民文化局文化部文化財課

〒060-0001 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌時計台ビル10階

電話番号:011-211-2312

ファクス番号:011-218-5157 

札幌市歴史文化のまちづくり推進協議会事務局
(札幌市市民文化局文化部文化財課内)
〒060-0001 札幌市中央区北1条西2丁目札幌時計台ビル
TEL.011-211-2312/FAX.011-218-5157