ホーム > 観光・産業・ビジネス > 観光 > 札幌の観光行政 > 交流協定等締結都市 > 「札幌市・浜松市 音楽文化都市交流宣言」を調印しました。

ここから本文です。

更新日:2018年3月28日

「札幌市・浜松市 音楽文化都市交流宣言」を調印しました。

札幌市は、平成21年5月14日、静岡県浜松市と「札幌市・浜松市 音楽文化都市交流宣言」を調印しました。
今後は、両市が持つ都市の魅力である「音楽文化」をより一層進行し、日本の音楽文化振興に寄与することを期待します。

宣言の名称

札幌市・浜松市 音楽文化都市交流宣言

宣言の趣旨

札幌市は、「パシフィック・ミュージック・フェスティバル」や「サッポロ・シティ・ジャズ」の開催、世界的に高い評価を得ている札幌コンサートホールkitaraを有するなど、積極的に音楽文化の振興に取組んできました。
浜松市は、「浜松国際ピアノコンクール」や「プロムナードコンサート」などの質の高い事業をはじめ、音楽を通した国内外の交流事業、アクトシティ浜松や楽器博物館などの文化施設の開設、アクトシティ音楽院の創設、市民自らが参加し、りだす様々な文化事業など国際レベルから市民レベルに至るまで、数多くの施策を続けることで、「音楽のまちづくり」を進めてきました。
音楽文化の振興に重点的に取組んできた浜松市と札幌市が平成21年6月4日に富士山静岡空港が開港し、空路で結ばれることを1つの契機とし、両都市の音楽文化都市交流を進めます。

宣言の内容

  • 両市は、お互いの音楽文化を尊重しつつ、音楽事業や人材の交流をすすめ、国内外への情報発信の連携等を通じて、互いの音楽文化を振興します。
  • 両市は、市民交流や鑑賞交流を積極的に推奨し、両市市民の音楽文化に関する相互理解の促進に努めます。
  • 両市は、我が国を代表する音楽文化都市としての誇りと責任のもと、音楽文化都市交流を通じて、日本の音楽文化の振興に寄与します。

宣言書

札幌市・浜松市 音楽文化都市交流宣言(PDF:353KB)

宣言の様子

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376

ファクス番号:011-218-5129

札幌市市民文化局文化部文化振興課

〒060-0001 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌時計台ビル10階

電話番号:011-211-2261

ファクス番号:011-218-5157