ここから本文です。

更新日:2021年3月31日

Local Innovation Challenge HOKKAIDO 

「スタートアップとの協働により、地域課題や行政課題を解決するプロジェクト」  

 先端技術を活用し社会に新たな価値を生み出すスタートアップ企業と地方自治体が協働し、行政そのものや地域の課題を解決するプロジェクトの事例が全国でも見られるようになっておりますが、札幌市においても、「さっぽろ連携中枢都市圏」の11市町村と連携し、ポストコロナ時代に対応した行政課題や地域課題の解決につなげることを目指す取り組み「Local Innovation Challenge HOKKAIDO」を開始いたします。

 さっぽろ連携中枢都市圏が抱える課題をイノベーションの力で解決していただける道内外のスタートアップを募集いたします。

採択プロジェクトの決定

 令和2年度における本事業の採択プロジェクトは、以下の3件に決定いたしました。今後、スタートアップ企業と各自治体の協働による実証実験を進めていきます。

※STARTUP CITY SAPPOROホームページ内の採択プロジェクト決定に関するページ

https://startup-city-sapporo.com/events/lich2/ 

 採択プロジェクト1
採択社

株式会社ランドスキップ(本社/北海道札幌市)

https://landskip.co.jp/

対象課題 マイクロツーリズム/ニューノーマル時代の新しい観光サービス
実証自治体 千歳市
実証実験内容

千歳市と協働し、同市の観光景勝地である支笏湖(しこつこ)の高画質ライブ配信を実施。

ニューノーマル時代の新たな観光サービスの開発を目指します。

 採択プロジェクト2
採択社

WED株式会社(本社/東京都渋谷区)

https://wed.company/

対象課題 マイクロツーリズム/ニューノーマル時代の新しい観光サービス
実証自治体 さっぽろ連携中枢都市圏内12市町村
実証実験内容

 WEDが提供するレシート買取アプリ「ONE」を活用し、さっぽろ連携中枢都市圏内12市町村

での観光、消費を促進するキャンペーンを実施。自治体連携のマイクロツーリズムモデルの

構築を目指します。

 採択プロジェクト3
採択社

サグリ株式会社(本社/兵庫県丹波市)

https://sagri.tokyo/

対象課題 スマート農業
実証自治体 新篠津村
実証実験内容

衛星リモートセンシングによる圃場の土壌分析ソリューションを実証し、スマート農業の推進、

土壌分析分野でのイノベーションの推進を目指します。

  募集テーマ

〇さっぽろ連携中枢都市圏全体の課題

・マイクロツーリズム / ニューノーマル時代の新しい観光サービス

・交通空白地帯の課題解決

・行政DXの促進

〇さっぽろ連携中枢都市圏各自治体の課題

自治体名 課題1 課題2
札幌市 移住の促進 空き家・空き店舗の活用
小樽市

岩見沢市 健康づくりの促進 商店街活性化 / キャッシュレス促進
江別市

千歳市 移住の促進 商店街活性化 / キャッシュレス促進
恵庭市 商店街の活性化 / キャッシュレス促進 子育て支援
北広島市 子育て支援 外国人居住者の支援
石狩市 地域防災 農水産物の販路拡大
当別町 スマート農業 ドローンを活用したビジネス
新篠津村 医療難民

南幌町 子育て支援 空き家、空き店舗の活用
長沼町

 エントリー条件・期間

・個人や法人、分野や業種を問わず、国内外全てのスタートアップ

・第1期締め切り:10月31日(土) 23:59

・第2期締め切り:12月20日(日) 23:59

※ 第1期での応募が多数の場合は、第2期募集を行わない場合があります。

※ 第1期、第2期で募集テーマを変更する場合があります。

 選考方法

 エントリー後、審査を通過した方のみご連絡をさせていただき、面談を実施いたします(面談はオンラインも可)。面談を実施した方の中から、2~3件程度を協業モデルとして採択いたします。

 プロジェクト支援金

 実証実験にかかる費用として、上限50万円/件を支援いたします。

詳細ページ

Local Innovation Challenge HOKKAIDO ホームページ

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局産業振興部IT・イノベーション課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2379

ファクス番号:011-218-5130