ホーム > くらし・手続き > 環境・みどり > 環境保全 > 自動車環境 > 災害時の避難所等における次世代自動車からの電力供給の協力に関する協定

ここから本文です。

更新日:2019年10月1日

災害時の避難所等における次世代自動車からの電力供給の協力に関する協定

札幌市では、市内自動車販売店11社および自動車メーカー4社と、令和元年9月12日に「災害時の避難所等における次世代自動車からの電力供給の協力に関する協定」を締結しました。

自治体と自動車メーカー4社及びその販売店が同時に協定を締結するのは、全国で初めての取り組みとなります。

協定の目的

災害時において避難所等へ「走る非常用電源」として、市内自動車販売店から試乗車(燃料電池自動車、電気自動車、プラグインハイブリッド自動車などの次世代自動車)の貸与を受け、一時的な電力需要の増加や多様な場所での電力需要に対し、機動的かつ柔軟に対応する。

協定締結先

  • トヨタ自動車株式会社
  • 札幌トヨタ自動車株式会社
  • 札幌トヨペット株式会社
  • トヨタカローラ札幌株式会社
  • ネッツトヨタ札幌株式会社
  • ネッツトヨタ道都株式会社
  • 日産自動車株式会社
  • 北海道日産自動車株式会社
  • 札幌日産自動車株式会社
  • 日産プリンス札幌販売株式会社
  • 本田技研工業株式会社
  • 株式会社ホンダ四輪販売北海道 
  • 株式会社ホンダカーズ札幌中央 
  • 三菱自動車工業株式会社
  • 北海道三菱自動車販売株式会社

主な連携・協力事項

災害時において、協定締結先の市内自動車販売店・自動車メーカーから、非常用電源として活用可能な次世代自動車の貸与を受ける。初期対応として、試乗車20台(1区あたり2台)の貸与を受け、避難所等への電力供給を行う。

また、札幌市が実施する防災訓練等への協力を行う。

締結式の様子

 協定締結式の様子

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部環境計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2877

ファクス番号:011-218-5108