ホーム > くらし・手続き > 環境・みどり > 環境保全 > 新エネルギー・省エネルギー > 木質バイオマスストーブを設置予定の方及び、ご使用されている方へ

ここから本文です。

更新日:2020年5月7日

木質バイオマスストーブを設置予定の方及び、ご使用されている方へ

お知らせ

木質バイオマスストーブの設置を検討されている方及び、ご使用の方へ、注意していただきたいことを掲載しました。

 近年、札幌市内において薪ストーブやペレットストーブなどの木質バイオマスストーブを設置される家庭が増えております。

一方、この木質バイオマスストーブが原因による近所トラブルも危惧されております。

 現在、木質バイオマスストーブそのものを規制する法律や条例はないため、このようなトラブルは、ご近所同士で解決することが

必要ですが、まずは近所トラブルに発展させないためにも、設置する側の気遣いが重要になります。

 木質バイオマスストーブの設置を検討されている方及び、木質バイオマスストーブを使用されている方への注意事項を

まとめましたので、ご留意をお願いいたします。

1.木質バイオマスストーブを設置予定の方へ

(1)木質バイオマスストーブ設置事業者と共に、設置場所を慎重に検討してください

 木質バイオマスストーブを利用する時期は主に、晩秋から春先にかけてです。木質バイオマスストーブの設置を検討されている

場所において、利用する期間の風向きを調べて、煙が発生した際の行方を把握しましょう。隣接する家の窓に煙や煤が向かうような

煙突の設置は避けなければなりません。木質バイオマスストーブの設置事業者と共に、慎重に検討しましょう。

(2)煙突の設置場所を慎重に検討してください

 煙突の設置場所が、マンション等の高層建築物の付近やひな段状の住宅地などの付近にある場合は、上昇した煙が思わぬ遠方

からの苦情を招くこともあります。木質バイオマスストーブの設置事業者と十分に検討しましょう。

2.木質バイオマスストーブをご使用されている方へ

(1)しっかりと乾燥させた木質の燃料を使いましょう

 湿った木質の燃料は不完全燃焼を起こしやすく、煙やにおいが出やすくなります。十分に乾燥した木質の燃料を使いましょう。

(2)煙突の掃除は定期的に行いましょう

 木質バイオマスストーブの設置事業者等に相談し、ストーブ本体及び煙突の定期的な点検や清掃を実施しましょう。

煤の飛散を防ぐことができ、煙道火災の予防にもつながります。

 

関連リンク

 環境省から木質バイオマスストーブ 環境ガイドブックが発行されています。

木質バイオマスストーブの設置から利用まで簡潔にまとめられていますので、是非ご一読願います。

木質バイオマスストーブ環境ガイドブック(環境省発行) (環境省のサイトにリンクします)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部環境エネルギー課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2872

ファクス番号:011-218-5108