ここから本文です。

更新日:2022年7月25日

家庭用薬剤の種類

使いやすさと効果を発揮させるため、用途に応じて様々な種類の薬剤が市販されています。

用法、用量を守ってご使用ください。

種類

薬剤タイプ

特徴・用途

殺虫剤

エアゾール剤

薬剤をスプレーにして散布します。

ハエ、カ、ゴキブリなど多くの虫。

くん煙剤・蒸散剤

発煙や熱により薬剤を拡散・蒸散します。

カ、ダニ、ゴキブリなど多くの虫。

油剤

薬剤を有機溶剤に溶解したもので、噴霧や塗布します。

ハエ、カ、ゴキブリなど多くの虫。

乳剤

虫の発生源や潜伏場所に水で希釈して散布や塗布します。

ウジ、ゴキブリ、アリなど。

粉剤

薬剤と微粉末を混合したもので、虫に直接散布します。

ケムシ、ワラジムシ、アリなど。

粒剤

薬剤を顆粒状に加工したもので、発生源に散布します。

アリの巣など。

防虫剤

衣料用防虫剤

防虫シート

衣類につく虫を寄せつけないために、揮発性のある薬剤をタンスなどに設置します。

カツオブシムシなど。

誘引剤

ベイト剤

粘着シート

虫の好む食物や誘引物質に殺虫成分を配合しています。

アリ、ゴキブリ、ネズミなど。

忌避剤

吸血性昆虫・ネズミ忌避剤

忌避効果のある防虫スプレーや薬剤を塗布します。

カ、ブユ、ゴキブリ、ネズミなど。

殺そ剤

固形剤など

毒エサとして使用します。

ネズミ類。

エアゾール剤燻煙剤蒸散剤衣類防虫剤粘着トラップ


「住まいの虫たち」トップページへ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所生活環境課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5182

ファクス番号:011-622-7311